【由布院ミルヒ(Milch)】のチーズケーキ|焼き立てケーゼクーヘンとケーゼスフレなど、店舗の様子ともに紹介

由布院ミルヒ(Milch) (1)洋菓子屋

由布院ミルヒは大分県の由布院(駅周辺の由布市湯布院町)にある洋菓子屋です。

ミルヒは由布院に3つの店舗があります。1つは由布院駅前のカフェを併設した店舗です。

もう2つは由布院観光で定番の散歩コースの湯の坪街道にある店舗で、連日人で賑わっています。

本記事ではそんなミルヒのチーズケーキをいくつか紹介します。

スポンサーリンク

ケーゼクーヘン(外せない由布院スイーツ!)

まずこちらはミルヒの本店で購入したケーゼクーヘンです。

カップタイプのチーズケーキで今回は抹茶と、本店限定(多分)の焼き立てケーゼクーヘンを食べました。

焼き立てケーゼクーヘン(240円)

ミルヒの看板商品の焼き立てケーゼクーヘンです。

由布院ミルヒ(Milch)の焼き立てケーゼクーヘン (2)

「ケーゼ」はドイツ語でチーズを意味し、「クーヘン」はドイツ語でケーキを思います。つまりチーズケーキです。

このチーズケーキは「焼き立て」という商品名が示すとおり、ほくほくで温かいです。中身はカスタードクリームのようにトロトロです。

由布院ミルヒ(Milch)の焼き立てケーゼクーヘン (4)
由布院ミルヒ(Milch)の焼き立てケーゼクーヘン (4)
由布院ミルヒ(Milch)の焼き立てケーゼクーヘン (4)
由布院ミルヒ(Milch)の焼き立てケーゼクーヘン (4)
由布院ミルヒ(Milch)の焼き立てケーゼクーヘン (4)

端的にいってめちゃくちゃ美味しいです。

ほんのり温かく、口にいれた瞬間、その旨味が口のなかに一気に広がります。思わず「美味しい!」とつぶやいてしまうほど。

カップの底にはクランブルが入っており、このザクザクした食感がとてもいいアクセントになっています。

由布院ミルヒ(Milch)の焼き立てケーゼクーヘン (1)

店の前にはベンチがあるので、そちらでゆっくり食べることができます。店の前では多くの人がこの焼き立てケーゼクーヘンを食べており、由布院スイーツの定番になっているようです。

ちなみにこのケーゼクーヘンは冷やしたタイプも販売しています。というより他店では冷やしたものだけです。焼き立ては本店限定のようです(本店の地図)。

店の前には焼き立てケーゼクーヘンを求める人でちょっとした列ができます。

由布院ミルヒ(Milch)本店の外観写真
ミルヒ本店の前。日中は並ぶ
由布院ミルヒ(Milch) (1)

抹茶ケーゼクーヘン(260円)

せっかくなので抹茶のケーゼクーヘンもいただきました。こちらは冷やしてあります。

由布院ミルヒ(Milch)の抹茶ケーゼクーヘン (2)
由布院ミルヒ(Milch)の抹茶ケーゼクーヘン (2)
由布院ミルヒ(Milch)の抹茶ケーゼクーヘン (2)
由布院ミルヒ(Milch)の抹茶ケーゼクーヘン (2)
由布院ミルヒ(Milch)の抹茶ケーゼクーヘン (2)

冷やしてあっても食感がいいです。内側が普通のチーズスフレで、外側が抹茶のチーズスフレになっています。

ふわふわとしっとりのどちらも感じられ、咀嚼すると濃い抹茶の味が口のなかに爆発します。けっこう抹茶が強く、抹茶スイーツ欲をしっかり満たしてくれます。

公式サイトによれば、抹茶ケーゼクーヘンは外国人観光客に人気だそうです。

ちなみにこのケーゼクーヘンはチョコレートもあります。

由布院ミルヒ(Milch) (1)
スポンサーリンク

ケーゼスフレ(1ホール980円の濃厚チーズスフレ!要冷蔵)

続いてこちらはテイクアウトしたケーゼスフレです。由布院駅からすぐ近くの店舗で購入しました。

由布院ミルヒ(Milch)のケーゼスフレ (5)

駅近くの「ミルヒドーナツ&カフェ」では1カットでも食べられるようです。

由布院ミルヒ(Milch)ドーナツ&カフェのメニュー

さてこのケーゼスフレは、名前のとおりスフレチーズケーキです。表面にはミルヒのロゴが印字されています。

由布院ミルヒ(Milch)のケーゼスフレ (5)
由布院ミルヒ(Milch)のケーゼスフレ (7)

店のロゴが印字されたスフレチーズケーキといえば、大阪のりくろーおじさんや福岡のてつおじさんを思い出します。

りくろーおじさんの解説はこちら
てつおじさんの詳細はこちら

りくろーおじさんやてつおじさんのように、ミルヒも街の名物チーズスフレになるのでしょうか。

クランブルが入ったチーズスフレ

由布院ミルヒ(Milch)のケーゼスフレ (8)

ミルヒのチーズスフレは、底にクランブル(クッキーを砕いたようなもの)が入っています。といってもクッキー生地ではなく、まばらにクランブルが入っているのです。

このようなチーズスフレはとてもめずらしいです。

たとえば大阪のリクローおじさんはレーズンが入っていました。レーズンは定番で、ほかだとスポンジの土台があったりします。一方で、クランブルが入っているのは初めてかもしれません。

過去に当ブログで紹介したチーズスフレはこちら

濃厚だけど爽やかなミルク感が美味しい

味はとても美味しいです。一口食べた時に感動を覚えたほど。

由布院ミルヒ(Milch)のケーゼスフレ (9)
由布院ミルヒ(Milch)のケーゼスフレ (9)
由布院ミルヒ(Milch)のケーゼスフレ (9)

咀嚼の瞬間から心地よいミルクの風味、味が口の中に広がります。スフレチーズケーキにしてとても濃厚です。

先に少し紹介した福岡のてつおじさんのチーズスフレと、大阪のりくろーおじさんのチーズスフレは、どちらもややあっさりした味でした。食べやすさを重視してのことかもしれません。

由布院ミルヒ(Milch)のケーゼスフレ (9)

一方でミルヒのチーズスフレは、コクがあります。だからとってくどいということもなく、濃厚なのにどんどん食べてしまいます。

またクランブルのそのサクサクとした歯ごたえがいいアクセントになっています。クランブルが入ったスフレはこれまで見たことがなかったので、合わないのかと思っていました。しかしミルヒはスフレを食べると、まったくそんなことはなく、こんなにも相性がいいのかと思わされました。

由布院ミルヒ(Milch)のケーゼスフレ (9)

温めて食べるとトロトロのチーズスフレになる

ちなみに温めて食べることもできます。

1カットをレンジで30秒ほど温めると、トロトロのフルフルになります。カスタードクリームのような質感になります。

由布院ミルヒ(Milch)のケーゼスフレ (4)
由布院ミルヒ(Milch)のケーゼスフレ (1)
由布院ミルヒ(Milch)のケーゼスフレ (9)

キャラメルスフレも

キャラメルスフレもあります。

https://cheese-cake.net/tag/souffle-cheesecake/

要冷蔵なので持ち帰りには気を使いますが、余裕がある場合はぜひ購入してみてください。残念な思いをすることはないはずです。

スポンサーリンク

その他のミルヒのスイーツ

今回はチーズケーキ以外にも焼き菓子を購入しました。

ドーナツ状のものは「ミルヒクラッフェン」という焼きドーナツです。ふわふわで、油で揚げないので、ベタベタした感じはなく食べやすいです。

由布院ミルヒ(Milch)の焼き菓子 (1)

フィナンシェはメープルフィナンシェです。噛むと同時にメープルがじゅわっと染み出します。フィナンシェの魅力を存分に楽しめます。

他にもソフトクリームやプリンなどがあります。商品のライナップは公式サイトに紹介されています。

ミルヒの商品一覧

由布院ミルヒ(Milch)駅前店の写真
スポンサーリンク

ミルヒの店舗の様子など

お店について簡単に紹介します。

ミルヒは現在、大分県に5店舗、鎌倉に1店舗、タイに1店舗を出店しています。

由布院には3店舗あり、1つが駅前、もう2つが駅から徒歩10分ほどの場所にある店舗です。

カフェ併設の由布院駅前店「ミルヒドーナツ&カフェ」

由布院駅すぐ近くにあるのが「ミルヒドーナツ&カフェ」です。
Googleマップ

由布院駅
由布院駅を出てすぐの道。まっすぐ進むとミルヒが見える
由布院ミルヒ(Milch)駅前店の写真
由布院ミルヒ(Milch)駅前店の写真
由布院ミルヒ(Milch)ドーナツ&カフェのメニュー

店内にカフェスペースを備えたこちらの店舗では、スフレチーズケーキやソフトクリーム、ドーナツなどの焼き菓子があります。スフレチーズケーキは1カットから注文できます。もちろんホールのテイクアウトも可能です。

焼きたてのトロトロチーズケーキが買える本店

由布院ミルヒはもう1つの店舗は、定番の観光スポットである湯の坪街道にあります。こちらが本店です。
Googleマップ

本店は、カフェ併設の店舗と対面販売の店舗が1つの建物にあります。

概ね駅前とメニューは同じなのですが、駅前店では買えない温かいチーズケーキが食べられます。

由布院ミルヒ(Milch) (1)

公式サイトや各種検索

その他、当ブログの関連記事

由布院にはもう1軒、色々なチーズケーキを販売しているお店があります。こちらのGOEMONです。詳細は以下のページにて。

また以下のページでは由布院で食べられるチーズケーキをまとめています。

タイトルとURLをコピーしました