-Ads-
チェーンカフェ

【NEW YORKER’S Cafe(ニューヨーカーズカフェ)】NYチーズケーキについて|ねっとり、濃厚な口当たりにシナモンが映えるクリーミーなチーズケーキ

New Yorkers cafe(13)NYチーズケーキチェーンカフェ

今回紹介するのは、カフェチェーン「NEW YORKER’S Cafe」のチーズケーキです。

「そんなカフェは知らん」という方もいると思うので解説すると、

新宿や銀座や渋谷などの都心に喫茶店を展開する「ルノアール」が運営です。

都内に4店舗しかないので、知る人ぞ知るというカフェになのですが、ルノアールと違ってチーズケーキがあります!

公式サイト

-Ads-

「NEW YORKER’S Cafe」のNYチーズケーキについて

New Yorkers cafe(13)NYチーズケーキ

ベリーのジャムを乗せたシンプルなチーズケーキ。

チェーンカフェにありがちなパターンですね。

もちろん悪い意味はありません。

セルフ式のチェーンのカフェで、生クリームやミントやらコンポートやらをトッピングしていたら大変ですからね。

ちなみにニューヨークチーズケーキは、ベイクドチーズケーキの一種です。

湯煎焼きしてつくるのをニューヨークチーズケーキと呼びます。

ニューヨークチーズケーキの違い
※こちらの画像は他のカフェチェーンのニューヨークチーズケーキです。

ただ厳密な違いはありません。

作った人が「これはニューヨークチーズケーキや!」と言ったらそれはニューヨークチーズケーキである、という話もあるくらいです。

湯煎焼きしているのにベイクドチーズケーキとしているお店もたくさんあるので、どちらでもいいのでしょう。

たしかに食べる人からすれば、美味しければそれでいいですよね。

濃厚、ねっとりな口当たりにシナモンが差し込む!

New Yorkers cafe(15)NYチーズケーキ

うんちくはさておき、味のレビューをします。

口に入れてまず感じるのは、柔らかくクリーミーな舌ざわり。

湯煎焼きの特徴を活かした柔らかい口当たりのチーズケーキです。

舌にまとわりつくこの感じ。(めちゃくちゃ褒めてる)

濃厚さ、ねっとり感といった、ニューヨークチーズケーキの魅力を存分に楽しめます。

New Yorkers cafe(9)NYチーズケーキ


申し分ない口当たりに加えて、チーズケーキの柔らかい甘みとコクが口に広がります。

さらにその途中でシナモンの風味がスッと登場。

土台のクッキー生地から訪れるこのシナモン風味。

どさくさに紛れて現れるが、その存在感は大きく、非常にいいアクセントになっています。

ザクザクした食感と訪れるシナモンの味わいは、シンプルなニューヨークチーズケーキを賑やかなものにしています。

組織の盛り上げ役ともいうべきでしょうか。

「君がきてから職場がだいぶ明るくなったよ」そんな会話が聞こえてきそうです。

New Yorkers cafe(14)NYチーズケーキ

ちなみに、備え付けのストロベリージャムは無料で追加してくれるものです。

正直、ジャムのクオリティはそれほど高くはありませんが、しっかり酸味の飾りつけをしてくれます。

爽やかさと刺激をプラスしてくれるので申し分ありません。

New Yorkers cafe(11)NYチーズケーキ

ねっとり濃厚なチーズケーキ。

シナモンが利いたクッキー生地。

そしてストロベリージャム。

すべての要素がいい具合にマッチしているので、最後まで飽きずに美味しくいただけます。

New Yorkers cafe(12)NYチーズケーキ

「NYチーズケーキ」のカロリーや値段について

商品名NYチーズケーキ
タイプニューヨークチーズケーキ
値段430円
カロリー310kcal(公式サイトより)

「NEW YORKER’S Cafe」はルノアール系列のカフェです。

本家ルノアールでは、ふわふわな口当たりと、爽やかな酸味を楽しめるチーズを使ったスイーツを楽しめます。

当ブログでは、他にもたくさんのチェーンカフェのチーズケーキをレビューしています。

意外とチェーンカフェには、チーズケーキがたくさんあって、味の違いを楽しむの面白いものです。

チェーンカフェのチーズケーキ一覧
スターバックスやエクセルシオール、ドトール、ベローチェ、コメダ珈琲店など、チェーンのカフェ・喫茶店で食べたチーズケーキの一覧です。スタバやドトールなどの大手チェーンのチーズケーキはこちら。⇒【全17店】大手チェーンカフェのチーズケーキまとめ…
-Ads-

NEW YORKER’S Cafeについて

New Yorkers cafe (2)

先に説明していますが、「NEW YORKER’S Cafe」はルノアールの系列店です。

ルノアールがフルサービス(注文を取りにきてくれる)であるのに対して、「NEW YORKER’S Cafe」はセルフサービスです。

価格もルノアールよりは、リーズナブルで、ブレンドコーヒー280円です。(ルノアールは500円~)

店内の雰囲気もルノアールとは違います。

ルノアールはどちらかという喫茶店という感じで、おじさん向けの雰囲気です。

一方の「NEW YORKER’S Cafe」は、スタバとかエクセルシオールに近い、カジュアルな雰囲気があります。

まだまだ店舗が少なく、新宿、神田、調布、町田の4店舗しかありません。

これから増える感じもなさそうなので、特別な理由がないと「NEW YORKER’S Cafe」に行く機会もないかもしれません。

私も次はいついけるかわかりません。

それでもチーズケーキは普通においしいので、よくこちらに行く方はぜひ、食べてみてください。

公式サイト

※お店のメニューやマップ、営業時間などの情報は記事作成当時のものです。メニューのリニューアルや閉店などの可能性があります。利用する際は公式サイトやSNSで最新情報を確認することをおすすめします。
※当サイトでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。当サイトで紹介する一部の商品・サービスを当サイト記載のリンクから利用、購入すると売上の一部が当サイトに還元される場合があります。

-Ads-
執筆・管理
かなざわ

ブログの執筆、運営をしているチーズケーキマニアのかなざわです。洋菓子屋やカフェ、レストラン、コンビニのチーズケーキを食べ歩き、ネットで日々チーズケーキを取り寄せ、チーズケーキを記録しています。

フォロー

自費出版物

ミルクレープの歴史と普及の過程に迫る【ミルクレープとは何か?】

ミルクレープとは何か? 表紙

ミルクレープはいつ頃から日本に存在するのか? ミルクレープはどのようにして私たちの生活に定着したのか? これまで詳しく語られることがなかったミルクレープの歴史やその特性を掘り下げた一冊。新しいミルクレープの姿を垣間見れる内容になっています。Amazonにて販売中。

※購入・詳細はこちら(Amazon)

40店以上のミルクレープを写真で紹介!【ミルクレープ図鑑】

日本にはどのようなミルクレープが存在するのか? カフェや洋菓子屋、寿司屋にいたるまで、あらゆる店のミルクレープを写真で紹介する一冊。全40店以上のミルクレープを収録しており、まさにミルクレープ図鑑といえる内容になっています。Book★Walkerにて販売中!

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

チェーンカフェチーズケーキ録(2021年版)

全21店のカフェのチーズケーキについて、写真と文章で解説した一冊です。Book★Walkerにて販売しています。

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

現在はミルクレープの本が多いですが、次はチーズケーキの日本における歴史や普及の過程をとことん掘り下げた本を出版予定です。

フォロー
-Ads-
チーズケーキを記録するブログ【Cheese Cakes】
タイトルとURLをコピーしました