-Ads-
チェーン系洋菓子屋

【六花亭】のチーズスフレ|洗練された美しさ、おいしさのチーズスフレ

六花亭 チーズスフレチェーン系洋菓子屋

「マルセイバターサンド」で有名な六花亭。

例にもれずバターサンドを買おうと六花亭に寄ったのですが、なんとチーズケーキがありました。

六花亭のチーズケーキ。いったいどんなチーズケーキなのか? 

そんな疑問にかられてすかさず購入。

六花亭 チーズスフレ (3)

食べてみましたので紹介します。

※今回訪問したのは、六花亭イオン帯広店です。ケーキを販売している店舗は少ないようです。

「六花亭」のチーズスフレはこんな方におすすめ!

  • シンプルなチーズスフレが好き
  • あんずの風味が好き

「六花亭」の公式サイトや店舗詳細

-Ads-

「六花亭」のスフレチーズケーキを食べて(感想)

六花亭 チーズスフレ (2)

まさか六花亭にチーズケーキがあるなんて。

六花亭 チーズスフレ (4)
六花亭 チーズスフレ

タイプはチーズスフレ。

表面にはアンズジャムのコーティングがなされています。

注目して欲しいのはその断面。

美しい気泡がみえるのがわかると思います。

六花亭 チーズスフレ

シンプルなチーズスフレなのですが、その洗練されたルックスは、apple製品(iPhoneの)がもつ洗練されたシンプルさに近い。

美しい。

ついうっとり眺めてしまう。

はたからみたら、チーズケーキを眺めているだけのおかしな人です。

でもいいんです。どう思われたっていいんです。

この美しいチーズケーキを眺めていられるのなら。

このチーズスフレは、そんなふうに人を狂気にしてしまうほど悪魔的に美しいのです。

さすが六花亭。

六花亭 チーズスフレ

またチーズケーキからは乳酸のような、カルピスのような、ヤクルトのような甘くて爽やかな香りがします。

これまでたくさんのチーズケーキを食べてきましたが、こんなに甘い乳酸の匂いがあるチーズケーキは初めてです。

シンプルなチーズスフレ。だからこそおいしい

六花亭 チーズスフレ

それでは一口。

しっとり、ふわふわな食感。

そしてとってもクリーミーでなめらかな舌触り。

チーズスフレの魅力的な食感を堪能していると、やわらかい甘みが静かに訪れます。

乳製品と卵が演習するこのまろやかな甘み。「幸せ」という感情が一瞬にして頭に浮かび上がるのです。

六花亭 チーズスフレ (7)

さらに表面に塗られたアンズジャムのジューシーな酸味も合流。

「いいアクセント」

そんな月並みな言葉では足りないくらい、このアンズジャムの味と風味はチーズスフレに彩りを加えます。

六花亭 チーズスフレ

「おいしい」その一言で感想をあらわしてしまうのは不十分かもしれません。

しかしこの一言こそ、このチーズスフレをもっともよく表現する言葉のような気がするのです。

六花亭 チーズスフレ (12)

シンプルなチーズケーキ。

しかし味も見た目も洗練されており、その美しさ、おいしさに最後までうっとりしながら食べてしまいました。

値段について

口当たりの柔らかさが特徴です。

店頭メニュー解説文より
メニュー名チーズスフレ
タイプチーズスフレ
カロリー記載なし
値段220円

味や食感などの分析

六花亭 チーズスフレ

チーズケーキの食感

ねっとり感☆☆☆☆☆
しっとり感★★★☆☆
もふもふ感★★★☆☆
ぷるぷる感☆☆☆☆☆
補足しっとり口当たりのやわらかいチーズスフレです。

チーズケーキの味

甘み★★★☆☆
酸味★★☆☆☆
塩味☆☆☆☆☆
コク★★★☆☆
補足程よい甘みと程よい酸味が特徴。非常に上品な味です。

コクとは?

明確な定義や科学的根拠はありませんが、

一般的には、口に入れた時に感じる重量感や厚みのことを「コク」といったり、食べた時に余韻があると「コクがある」と表現したりします。

土台(一番下の層)

素材スポンジ
厚さ全体の1割り程度
固さなし
ザクザク感なし
味、風味あまり存在感はない

類似のチーズケーキ

トリアノンのチーズスフレ

セブンイレブンのカマンベールチーズスフレ

以前、セブンイレブンで販売していたチーズケーキです。

カマンベールチーズを使った、スフレチーズで、表面には同じくアンズジャムのコーティングがなされています。

結構お気に入りのチーズケーキだったのですが、残念ながら販売は終了してしまいました。

-Ads-

「六花亭」について(店内様子や他のメニューなど)

六花亭

六花亭は北海道帯広に本社を置くお菓子メーカーです。

北海道みやげで定番のマルセイバターサンドが有名。

ちなみにケーキを販売している店舗は少ないようです。

今回はイオン帯広店のなかにある、六花亭の店舗で、チーズスフレ以外にもショートケーキやモンブランなども販売していました。

お手頃な価格ながらとってもおいしそう。

六花亭の公式サイトや店舗詳細

-Ads-

同じ地域でチーズケーキが食べられるお店

※お店のメニューやマップ、営業時間などの情報は記事作成当時のものです。メニューのリニューアルや閉店などの可能性があります。利用する際は公式サイトやSNSで最新情報を確認することをおすすめします。
※当サイトでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。当サイトで紹介する一部の商品・サービスを当サイト記載のリンクから利用、購入すると売上の一部が当サイトに還元される場合があります。

-Ads-
執筆・管理
かなざわ

ブログの執筆、運営をしているチーズケーキマニアのかなざわです。洋菓子屋やカフェ、レストラン、コンビニのチーズケーキを食べ歩き、ネットで日々チーズケーキを取り寄せ、チーズケーキを記録しています。

フォロー

自費出版物

ミルクレープの歴史と普及の過程に迫る【ミルクレープとは何か?】

ミルクレープとは何か? 表紙

ミルクレープはいつ頃から日本に存在するのか? ミルクレープはどのようにして私たちの生活に定着したのか? これまで詳しく語られることがなかったミルクレープの歴史やその特性を掘り下げた一冊。新しいミルクレープの姿を垣間見れる内容になっています。Amazonにて販売中。

※購入・詳細はこちら(Amazon)

40店以上のミルクレープを写真で紹介!【ミルクレープ図鑑】

日本にはどのようなミルクレープが存在するのか? カフェや洋菓子屋、寿司屋にいたるまで、あらゆる店のミルクレープを写真で紹介する一冊。全40店以上のミルクレープを収録しており、まさにミルクレープ図鑑といえる内容になっています。Book★Walkerにて販売中!

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

チェーンカフェチーズケーキ録(2021年版)

全21店のカフェのチーズケーキについて、写真と文章で解説した一冊です。Book★Walkerにて販売しています。

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

現在はミルクレープの本が多いですが、次はチーズケーキの日本における歴史や普及の過程をとことん掘り下げた本を出版予定です。

フォロー
-Ads-
チーズケーキを記録するブログ【Cheese Cakes】
タイトルとURLをコピーしました