スポンサーリンク
チェーン洋菓子屋

Pablo(パブロ)のチーズタルト・チーズスイーツまとめ

チェーン洋菓子屋

このページはこれまで筆者が食べたパブロの商品を、簡単な解説とともに紹介していく。「過去にはこんなチーズタルトもあった」という記録用の記事なので、詳しい解説はないが興味がある方はご覧いただければと思う。

スポンサーリンク

パブロチーズタルト(11cm 490円)

パブロの看板商品であるチーズタルト。表面にあんずジャムと、とろっとしたチーズケーキの生地(フィリング)が特徴。またタルト生地はパイ生地に近いものになっており、トロトロとサクサクの2つの食感を楽しめるようになっている。

ちなみに写真は11cmの小さいサイズで、一般的なサイズは15cmのものになる。

※詳細解説ページ

スポンサーリンク

宇治抹茶とあずきのチーズタルト 小さいサイズ(GREEN PABLO ※こちらの店舗は現在閉店)

抹茶を使ったチーズタルトを専門にした店舗、GREEN PABLO(現在は閉店)で販売していた「宇治抹茶とあずきのチーズタルト 小さいサイズ」。

Green PABLO(グリーンパブロ)の店舗の写真 (1)_R
GREEN PABLO なんばCITY店(現在は閉店)

※GREEN PABLO(グリーンパブロ)は2019年2月にパブロの新しいブランドとして、なんばCITYにオープンしたお店。老舗抹茶問屋「北川半兵衛」の監修のもと、同社の抹茶やほうじ茶をつかったスイーツを専門に販売していた。残念ながら2021年4月24日に閉店した。(参考:https://www.pablo3.com/news/detail/?seq=1127

Green PABLO(グリーンパブロ)の「宇治抹茶とあずきのチーズタルト 小さいサイズ」の写真 (4)_R

さてこの抹茶のチーズタルトだが、表面に抹茶クリームを載せている。

また内部には、あんこや、チーズクリーム、オレンジピールなどが入っている。非常に豪華なチーズタルトだ。タルト生地はしっとり系である。

さすが抹茶にこだわっているだけあり、とても抹茶の風味を濃厚に感じる。オレンジピールのほろ苦味や抹茶の苦味など色々な要素が楽しめるようにもなっている。

一般的なパブロの店舗でも抹茶を使ったチーズタルトは販売されているが、それよりも抹茶の魅力を存分に楽しめるチーズタルトになっていたように思う。

PABLO mini 濃厚とろける宇治抹茶

Green PABLO(グリーンパブロ)の「PABLO mini 濃厚とろける宇治抹茶」の写真 (2)_R

同じくGREEN PABLOで販売していた宇治抹茶を使ったミニサイズのチーズタルトだ。こちらも抹茶の旨味を存分に楽しめるものだった。

GREEN PABLOは閉店してしまったので残念ながらこのチーズタルトはもう食べることができないのが残念である。

黒糖タピオカミルクティー(現在販売なし)

タピオカミルクティーとチーズタルトという斬新なコラボレーションである。ちょうどタピオカがブームになったときに発売されていた限定商品だ。ミルクティー味のチーズケーキとタピオカのもちもち食感を楽しめるチーズタルトで、一瞬しか発売されなかった商品だが、筆者はかなり好きだった。後にも先にもタピオカミルクティーとチーズタルトのコラボはこの商品一回キリだろう。

※詳細解説ページ(タピオカミルクティー)

バスクチーズケーキ(店頭)

パブロはバスクチーズケーキも販売している。こちらは店頭で購入できるものだ。バスクチーズケーキといえば、半熟系のトロトロした質感が特徴であるが、パブロのバスクチーズケーキはそれほどトロトロしているわけではない。一方でバスクチーズケーキの特徴である濃厚さや口溶けはとてもよく再現できている。

※詳細解説ページ

Pablo mini(プレーン、ショコラ、モンブランなどまとめ)

パブロの一部の店舗は小さいサイズのチーズタルトで「Pablo mini」を販売している。

パブロは季節ごとに新商品を販売している。また店舗によっても商品のラインナップが異なるので、同じ時期でも違う店舗にいくと違う商品を購入できる場合がある。いろいろな店舗を回る楽しさと、季節ごとの商品の楽しさの2つの楽しさを実装しており、これがパブロの大きな特徴でもある。そしてこの「Pablo mini」にはそんなパブロの特徴を存分に体感できる商品である。

プレーン

こちらはプレーンといういわゆる普通のチーズタルトだ。羽田空港にある店舗は少しデザインが違う。

またこのサイズのチーズタルトはBake Cheese Tartモロゾフなどが人気である。どれも甲乙つけがたい美味しいチーズタルトなので、食べ比べてみてほしい。

※詳細

いちご大福(季節・店舗限定)

PABLO PABLOmini いちご大福 (5)

こちらは季節限定のタルトだ。季節限定系は、上にのせるパターンか、生地に混ぜるパターンかの2つがある。こちらはチーズタルトの上に苺味の大福をのせたもので、上にのせるパターンである。

※詳細

さくらもち(季節・店舗限定)

こちらも季節限定商品。桜餡をチーズタルトの上にのせたもの。

桜(季節・店舗限定)

Pablo mini 桜

先にも桜系があったが、こちらは生地に桜を混ぜたタイプのチーズタルトである。

抹茶(季節・店舗限定)

こちらは抹茶を生地にまぜたチーズタルト。

レモン(季節・店舗限定)

酸味が感じられるレモンジュレを上にのせたチーズタルト。

桃(季節・店舗限定)

Pablo mini モモ

桃のジュレを上にのせたチーズタルト。

ショコラ(季節・店舗限定)

Pablo mini ショコラ

チーズケーキとチョコレートという鉄板の組み合わせである。こちらは生地に混ぜている。

モンブラン(季節・店舗限定)

pablo miniパブロ モンブランチーズタルト (1)

チーズタルトの上にマロンペーストを乗せ、モンブランに見立てたチーズタルト。お気に入り商品の1つである。

パリパリとろけるパブロパイチーズタルト味(季節・店舗限定)

パイの中にチーズクリームを詰め込んだ、美味しくないはずがない一品。残念ながら最近はみかけない。

パブロダックワーズチーズタルト味(864円)

なかにアプリコット入りのチーズクリームをサンドしたダックワーズ(ダコワーズ)。外はカリカリでなかはふわふわで、ダックワーズとしても十分に美味しい。さらにチーズクリームとアプリコットというパブロの定番の組み合わせを詰め込んだ一品。手土産にもちょうどいい。

ロイヤルバスクチーズケーキ(通販)

パブロのネット通販では、店舗とは違うバスクチーズケーキを販売している。ロイヤルバスクチーズケーキという商品名で、こちらはしっとりした質感を楽しめる。2021年頃からパブロは通販サイトを閉鎖している。残念ながら、このロイヤルバスクチーズケーキは購入できない状態になっている。幻のバスクチーズケーキになってしまったのかもしれない。

※詳細

パブロ監修のコンビニ・スーパーのスイーツ各種

パブロが監修したスイーツはコンビニやスーパーでもよく販売される。パブロの商品ではないがせっかくなので紹介できればと思う。

タイトルとURLをコピーしました