MENU
カテゴリー

【PRONTO(プロント)】の「STONEMILLの抹茶バスクチーズケーキ」の実食レポ|抹茶スイーツのブランディングについての考察も

当サイトの一部のリンクには広告が含まれます
プロント STONEMILL MATCHA抹茶バスクチーズケーキの写真 (10)

大手チェーンカフェのプロントは2021年4月1日に抹茶バスクチーズケーキの販売を開始しました(2024年も販売されています。販売の確認は公式サイトの商品ページより)。

プロント 店舗外観画像

この抹茶バスクチーズケーキは、サンフランシスコで人気のカフェ「STONEMILL MATCHA」の抹茶を使用しており、これが食べられるのは、サンフランシスコと日本のプロントだけだそうです。(STONEMILL MATCHAの詳細は後述)

プロントといえば、これまでは一般的なニューヨークチーズケーキを販売していました。

【PRONTO プロント】ニューヨークチーズケーキ (6)
PRONTO(プロント)のニューヨークチーズケーキ

それが2021年4月のスイーツメニューの大幅リニューアルによって、他のスイーツとともに抹茶のバスクチーズケーキが販売されました。

ちなみにバスクチーズケーキは、スペインのバスク地方で見られるチーズケーキで、2019年頃から日本でも話題になっているチーズケーキの一種です。今回はそのバスクチーズケーキに抹茶を混ぜたチーズケーキということになります。(バスクチーズケーキの特徴や歴史などはこちら

目次

抹茶とバスクチーズケーキの魅力を存分に楽しめる

表面の焦げ具体といい、断面の抹茶色といい、いかにも抹茶バスクチーズケーキという感じです。

その味は率直に美味しい。抹茶の程よい渋みとバスクチーズケーキの濃厚さがマッチしています。バスクチーズケーキの魅力も、抹茶の魅力もどちらも堪能できます。

以前、駒込にあるバスクチーズケーキが人気のカフェ「ココフル」で抹茶のバスクチーズケーキを食べましたが、そのお店にまったく引けを取らない美味しさです。

cocoful(ココフル) 抹茶バスクチーズケーキ (3)
ココフルの抹茶バスクチーズケーキ

完成度の高さを感じる一品であり、抹茶スイーツが好きな方、バスクチーズケーキが好きな方は十分に満足できると思います。

2019年の夏頃からブームが始まったバスクチーズケーキですが、2021年にはすっかりチーズケーキのジャンルとして定着しました。今ではファミレスやチェーンカフェでも手軽に食べられるようになりました。

抹茶バスクチーズケーキの値段、カロリーなど

カロリー401kcal
値段583円
メニューの説明日本初上陸! サンフランシスコにあるカフェ”STONEMILL MATCHA”の抹茶を使用したバスクチーズケーキ。濃厚な抹茶の香りとクリーミーなチーズのくちどけがたまらない一品です。(公式サイトより引用
公式サイトなどプロントの公式サイト
公式Instagram
公式Twitter

プロントのその他のチーズケーキはこちら。

あわせて読みたい
【プロント】2023年夏の季節限定スイーツ「瀬戸内レモンのチーズケーキ」を実食レポ カフェチェーンのプロントで販売されている「瀬戸内レモンのチーズケーキ」を紹介します。 プロントは全国に出店しているカフェチェーンで、昼間はカフェとして、夜はお...
あわせて読みたい
【プロント(PRONTO)】ベリージェリーレアチーズ|レアチーズケーキの上にゼリーをのぜたチーズケーキ 昼はカフェ、夜はアルコールが飲めるカフェになる、人気チェーンカフェのプロント。2021年4月1日スイーツメニューのリニューアルが行われ、その際に登場したのがこの「...

他にも当ブログでは色々なお店の抹茶チーズケーキを紹介しています。抹茶スイーツ好きはこちらもぜひ参考にしていただけたらと思います。

チーズケーキマニアのチーズケーキ...
404: ページが見つかりませんでした | チーズケーキマニアのチーズケーキブログ【チーズケーキ通信】 コンビニ、スーパー、カフェ、レストランなど著者が実際に食べたチーズケーキをひたすら紹介していくブログです。コンビニの最新チーズケーキやスーパーで買える美味しいチ...

STONEMILL MATCHAとは?(サンフランシスコの日本食カフェ)

前述のとおり今回のプロントの抹茶バスクチーズケーキは、サンフランシスコにあるカフェ「STONEMILL MATCHA」の抹茶を使用していますが、「STONEMILL MATCHA」とはいったいどんなカフェなのでしょうか。

そして何より「抹茶なのにサンフランシスコ?」と疑問に思うところがあります。

調べてみると、まず「STONEMILL MATCHA」はサンフランシスコにある抹茶ラテや日本式の食事を提供するお店のようです。お店のインスタグラムアカウントをみてみますと、抹茶スイーツのほか、味噌汁、卵焼き、焼き鮭、ご飯の日本的朝定食などを提供しているのがわかります。(STONEMILL MATCHAのInstagram

インスタグラムをみる限りでは、日本人のスタッフが多いようです。これは推測にすぎませんが日本人がサンフランシスコで営業している日本食カフェなのでしょう。そして何かの縁でプロントとコラボした、そんな経緯なのではないでしょうか。

STONEMILL MATCHAは京都の抹茶を使用

何より驚いたのは「STONEMILL MATCHA」は、京都で採れた抹茶を使っていることです。公式サイトを見てみると「Serving the finest matcha tea from the shade-grown farms of Kyoto, Japan(日本の京都の被覆栽培農家の最高級抹茶を提供)」と書いてあります。

つまり「STONEMILL MATCHA」は京都で採れた抹茶を使ったドリンクやフードを提供する、サンフランシスコのカフェなのです。そしてプロントの抹茶バスクチーズケーキは、そのサンフランシスコのカフェの、抹茶を使ったものです。言い換えれば、逆輸入された抹茶を使った抹茶のバスクチーズケーキです。

1つ疑問なのは、プロントの抹茶バスクチーズケーキの抹茶は、サンフランシスコから輸入しているのでしょうか。それとも京都から受け取るのでしょうか。

海外の地名で抹茶スイーツをブランディングすることについて

もう1つ特筆しておきたいのは、抹茶スイーツのブランディングの仕方です。

これまでの抹茶系のスイーツといえば、「利休」や「伊藤久右衛門」「上林春松本店」など、京都にある老舗茶屋の名前を使ってブランディングするのが一般的でした。たとえばコンビニの抹茶スイーツをみるとその例をよく見ます。

しかしプロントはその慣習を打ち破りました。プロントは「京都」や漢字が並ぶ日本の茶屋のなどのワードは一切出さず、「サンフランシスコのSTONEMILL MATCHAの抹茶を使用している」とアピールしました。

これは日本の茶屋の名前が持つブランド力が低下していると考えることもできないでしょうか。これまでは「京都の抹茶」がブランディングとしては一般的でしたが、おそらくプロントはその訴求の仕方では足りないと考えたのです。そして「サンフランシスコ」+「STONEMILL MATCHA」という、アメリカの都市名+ローマ字という、先進的なイメージを持つワードを並べた。

新しい取り組みである一方で、何か大きなものを失ったような気がして残念な気持ちもあります。これまで京都の老舗茶屋の名前は、抹茶フードとのコラボによって日常的にみるものでした。しかしプロントの例のように、海外の地名で抹茶フードをブランディングすることが定着すれば、京都の老舗茶屋の名前を見る機会が減るような気がします。

今回のプロントの抹茶バスクチーズケーキは、美味しいのはもちろんこと、抹茶なのにサンフランシスコのカフェとコラボするという、新しいブランディングの一例を提示してくれました。一方で日本のカフェが日本の抹茶を使ったバスクチーズケーキを、サンフランシスコのカフェのメニューとして販売するという、不思議な現象を目の当たりにした瞬間でもありました。

その他、当ブログの関連記事

他の当ブログでは色々なカフェのチーズケーキを紹介している。以下はチェーンカフェのチーズケーキの一覧ページである。

あわせて読みたい
【2024年4月更新】チェーンカフェのチーズケーキまとめ|定番から季節限定まで紹介 スタバやタリーズ、ドトールなどチェーンカフェ、チェーン喫茶店で食べられるチーズケーキをまとめました。定番のチーズケーキはもちろんのこと、期間限定チーズケーキ...

またこれまで紹介した抹茶系のチーズケーキは以下のページでまとめています。

チーズケーキマニアのチーズケーキ...
404: ページが見つかりませんでした | チーズケーキマニアのチーズケーキブログ【チーズケーキ通信】 コンビニ、スーパー、カフェ、レストランなど著者が実際に食べたチーズケーキをひたすら紹介していくブログです。コンビニの最新チーズケーキやスーパーで買える美味しいチ...
目次