金沢【カフェドゥアッシュ】の柚子とふきのとうを使ったチーズケーキを実食|カフェの様子やガレットメニューについても紹介

カフェ/レストラン

金沢、南町にあるカフェ・ドゥ・アッシュを訪問してきました。

このカフェは、金沢駅に店舗がある洋菓子屋「ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ」のカフェという位置づけです。

ルミュゼドゥアッシュは、東京自由が丘で絶大な人気を誇る「モンサンクレール」を手掛ける辻口博啓さんがシェフを務めています。つまり、カフェドゥアッシュで販売しているケーキは、辻口博啓シェフがプロデュースするものです。

またカフェドゥアッシュでは、石川県産の米粉を使ったガレットや、「ミルガレット」というガレットで作ったミルクレープもあります。

金沢「カフェ ドゥ アッシュ」 (4)
金沢「カフェ ドゥ アッシュ」 (7)
リ・ガレット(ガレットにソーセージやサラダを包んだメニュー)
金沢「カフェ ドゥ アッシュ」 (3)
金沢「カフェ ドゥ アッシュ」 (3)

メニューは場所は、以下からご確認いただけます。

スポンサーリンク

実食レポ)フロマージュクラシック 柚子とふきのとう

カフェドゥアッシュで食べられるチーズケーキが、こちらの「フロマージュクラシック 柚子とふきのとう」です。

チーズケーキであるフロマージュクラシックは定番で販売している商品ですが、風味づけに使っている材料が季節によって異なるようです。私が訪問した時は柚子とふきのとうでしたが、口コミサイトの情報をみてみると、過去には青山椒を使ったものがあったようです。

それにしても柚子とふきのとうを使ったチーズケーキは珍しいです。このような独創的な材料を使うあたりが、辻口博啓シェフが評価されている点の1つでもあるのでしょう。

フロマージュクラシック 柚子とふきのとう (7)

食べた感想ですが、まずその味は、ふわっと乳味が口のなかに充満し、後味に若干の苦味があります。ゆずの風味なのか、ふきのとうの風味なのか、あまりよくわかりませんが、とてもいいアクセントになっています。

ふきのとうを使ったチーズケーキは初めて食べるので、その味や洋菓子との相性は少しよくわかりませんでしたが、これまで食べたチーズケーキにはない、独特の風味を一瞬感じられました。

スポンサーリンク

チーズケーキは金沢駅でも購入できる

ちなみにカフェドゥアッシュで販売しているチーズケーキは、金沢駅にある金沢百番街あんと内にある「ル・ミュゼドゥアッシュ」でも購入できます(ル・ミュゼドゥアッシュの公式サイト)。

ル・ミュゼドゥアッシュでは、辻口博啓シェフがオーナーを務める自由が丘のモンサンクレールの看板商品である「セラヴィ」も販売しているようです。

自由が丘・モンサンクレールのセラヴィ
自由が丘・モンサンクレールのセラヴィ

公式サイトや各種検索

営業時間10:00~18:00(17:30 L.O.)
不定休
※営業時間は変更になる場合があります。
公式サイトやお店のSNSなども併せて確認しておくことをおおすすめします。
公式サイトなどお店の公式サイト
GoogleマップGoogleマップ(地図だけなく、口コミやメニューが閲覧できます)
アクセント金沢駅からは徒歩22分
近くまでバスが出ています。
金沢城公園からは徒歩圏内です。
近くにコインパーキングあり。
備考テイクアウト可能、
その他Instagramで「#カフェドゥアッシュ」を検索
Googleで「カフェドゥアッシュ」を検索
食べログ(商品のラインナップや口コミが閲覧できます)

その他、当ブログの関連記事

その他、金沢でチーズケーキが食べられるお店はこちら。

タイトルとURLをコピーしました