スポンサーリンク
セブンイレブン

【セブンイレブン/デリカシェフ】のバスクチーズケーキ|他店のバスクチーズケーキと比較しつつ味、食感をガッツリ解説

セブンイレブン デリカシェフ バスクチーズケーキセブンイレブン

ローソンのバスチーの大ヒットをきっかけに、スーパー、ケーキ屋、カフェなど、多方面で目撃されるようになったバスク風チーズケーキ。

あまりにそこらじゅうで見かけるので「そろそろブームも落ち着いたかな?」と思ってバスクチーズケーキ関連の情報収集をサボっていました。

しかしです。

2019年10月になって、コンビニ御三家のセブンイレブンがバスクチーズケーキの販売を開始。

セブンイレブン デリカシェフ バスクチーズケーキ (3)

発売前からコンビニスイーツ界隈は「セブンからバスクがでるぞーー!」と話題騒然。

「これは早めに食べておかなければ!」「流れに乗り遅れるな!」というこで、さっそくセブンに駆け込みました。

コンビニ帝王のセブンイレブンは、いったいどんなチーズケーキに仕上げてきたのか?

※本格バスクチーズケーキを取り寄せるならこちらを参考に

※ちなみに2020年の8月にはキャラメルバスクチーズケーキが発売された。

スポンサーリンク

セブンイレブンのバスクチーズケーキとこれまでのバスクチーズケーキの比較

セブンののバスクチーズケーキはかなり後発。

ということで、まずはこれまでのバスクチーズケーキと比較してみます。

★セブンイレブンのバスクチーズケーキ(238円税別)

ローソンのバスチー(199円税別)

PABLO(パブロ)のバスクチーズケーキ(907円税別 13cm 4人分)

プレシアのバスク風チーズケーキ(188円税別)

アンテノールのバスクチーズケーキ(277円税別)

ざっといくつかのバスクチーズケーキの表面と断面を羅列してみました。

これまでのバスクチーズケーキと比べるとセブンのは、形はアンテノールのバスクチーズケーキに似ていて、色みはガスタのバスクチーズケーキに似ています。

【実食】セブンイレブンのバスクチーズケーキ

それではセブンイレブンのバスクチーズケーキのレポートに入ります。

セブンイレブン デリカシェフ バスクチーズケーキ (17)

ブーム当初のバスクチーズケーキといえば、「えっ、これって失敗作?」と思ってしまうくらい表面を真っ黒にするのが主流でした。

セブンイレブン デリカシェフ バスクチーズケーキ (14)

しかしセブンのバスクチーズケーキは、もはや焦げていません。普通にいい感じに焼けているだけ。

セブンイレブン デリカシェフ バスクチーズケーキ (9)

もちろんそれはそれでキレイなのですが、バスクチーズケーキの要件を満たしているのだろうかと疑問に思ってしまいます。

セブンイレブン デリカシェフ バスクチーズケーキ (13)
側面

続いて真っ二つに切り断面をチェック。

セブンイレブン デリカシェフ バスクチーズケーキ (12)

カフェやレストランだと、中身がほぼカスタードクリーム状態で、自立していない場合もありました。

一方で、セブンイレブンのバスクチーズケーキは中身がしっかりしています。

自立しているし、普通のチーズケーキっぽい断面です。

セブンイレブン デリカシェフ バスクチーズケーキ (11)

自立できない系バスクチーズケーキ。

左は6th by ORIENTAL HOTELのバスクチーズケーキ。
右はサーティーンカフェのバスクチーズケーキ。

ちなみにセブンのバスクチーズケーキは、

チーズの本場フランス産のクリームチーズを使用(フランス産クリームチーズは、クリームチーズ中70%使用)

公式サイトより

とのこと。フランス産といわれても……という感じですね。

舌の上でとろけて吸い込まれていくような舌触り

それでは実食。

セブンイレブン デリカシェフ バスクチーズケーキ (8)

まろやか! クリーミー!

口に放り込まれたバスクチーズケーキは、舌の上でとろけてスッと吸い込まれていきます。

とろけるような舌触りと、まあまあのコク。

やわらかい甘味。

クリームチーズのコクをしっかり感じられる。

そして注目すべきはその塩っけ。

セブンイレブン デリカシェフ バスクチーズケーキ (6)

「わずかに」という程度ではなくはっきり感じられるほどの塩っけです。

この塩っけのおかげで、全体のバランスが非常に整っており、食べやすいのです。

どんどん食べ進めてしまう。

これまでいろいろなお店のバスクチーズケーキを食べてきましたが、ここまでしっかり塩っけを感じるバスクチーズケーキはめずらしい。

セブンイレブン デリカシェフ バスクチーズケーキ (5)

これまでのバスクチーズケーキは濃厚でコクが強くて、そしてガッツリ甘いものが多かった印象です。

それもおいしいのですが、重たいと感じることも。

単調な味にアクセントを入れるために、岩塩をトッピングするお店もありました。

セブンイレブン デリカシェフ バスクチーズケーキ (4)

しかし、このセブンイレブンのバスクチーズケーキは、サイズもちょうどいいし、甘さと塩っけのバランスが非常にいい。

だから途中で重たいと感じることもありません。またクセがあるわけではないので、途中で飽きることもない。

食べやすい。

率直に「おいしい」と思えるバスクチーズケーキです。

ローソンのバスチーとは似て非なるもの

セブンイレブン デリカシェフ バスクチーズケーキ (7)

セブンイレブンのバスクチーズケーキは、ローソンのバスチーと比較されています。

セブンイレブンのアンチからは、「ローソンの二番煎じ」といった否定的なコメントも。

しかしながら、セブンイレブンのバスクチーズケーキとローソンのバスチーは、似て非なるものです。

バスクチーズケーキの特徴の1つといえば、表面の焦げによるほろ苦み。

で、 ローソンのバスチーは、ほろ苦みを、カラメルソースを塗ることで再現しました。

一方で、セブンのバスクチーズケーキは、ほろ苦みを諦めました。(勝手な推測です)

バスクチーズケーキの、ほろ苦みではなく、クリーミーさや濃厚さを再現することに注力したのです。

その点、ローソンのバスチーとセブンイレブンのバスクチーズケーキは、まったく違うもの。

チーズケーキというジャンルは一緒でも、2つはまったく方向性が違うスイーツなのです。

セブンイレブン デリカシェフ バスクチーズケーキ (7)

セブンイレブンのバスチーチーズケーキは、バスクチーズケーキの独特の食感、舌触り、口当たりを忠実に再現しています。

スイーツとしての完成度はかなり高い。

しかし、「セブン史上最高においしい」とアピールしているのは、いささか誇張な気がします。これまでおいしいチーズケーキはたくさんありましたので。

値段やカロリーなど

セブンイレブン デリカシェフ バスクチーズケーキ (16)

チーズの本場フランス産のクリームチーズを使用(フランス産クリームチーズは、クリームチーズ中70%使用)。濃厚でコクのあるチーズの風味が広がります。

公式サイトより
値段238円税別
メニュー名バスクチーズケーキ
チーズケーキのジャンルバスクチーズケーキ
カロリー360kcal
製造元(コンビニの場合)デリカシェフ

セブンイレブンのバスクチーズケーキの口コミや評判

メディアでの評判は概ね、「ウマい!」によっています。

口に含むと、クリームチーズと卵の香り、しっとりながらもしっかりした生地を楽しめます。スフレチーズケーキの方向性とでもいうのでしょうか。ローソンバスチーが表面に焦がしカラメルを使っているのに対し、セブンのバスクはチーズケーキの“焼き”を押し出しています。

出典: セブンにもバスクチーズケーキ登場! ローソン「バスチー」と食べ比べてみた  ねとらぼ

食べてみると、チーズの濃厚なコクとクリーミーな甘さが口いっぱいに広がりました。なめらかな口溶けで、コンビニのスイーツとは思えないほどクオリティは高め。甘さはありつつも、しつこくなく、ペロリと食べられる美味しさです。

出典:セブン史上最高に美味しい!? ついに登場した「バスクチーズケーキ」食べてみた。 東京バーゲンマニア

もぐナビでは3.6の評価

コンビニスイーツの評価を掲載している「もぐなび」では、セブンのバスクチーズケーキは★3.5の評価。

もぐなび キャプチャ
もぐなび キャプチャ

口コミをみてみると、「思っていたのとは違った」「一度食べればいいかも」といったネガティブなものが意外とありました。

※もぐナビの口コミはこちら

SNSでの評判

SNSはなぜかポジティブな感想が多い。

その他、セブンイレブンのチーズケーキ

当ブログではセブンイレブンの他のチーズケーキも紹介しています。

以下のページで、一覧で紹介しています。

セブンイレブンのチーズケーキ一覧
これまで当ブログで紹介したセブンイレブンのチーズケーキ・チーズ系のスイーツを一覧で紹介しています。オーソドックスなチーズケーキから、チー…

コンビニ、スーパーのチーズケーキ一覧はこちら。

コンビニ/スーパーのチーズケーキ一覧
セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ローソンストア100、成城石井、ミニストップ、その他、近所のスーパーで見つけたチーズケーキを…

公式サイト

今回のバスクチーズケーキを製造しているのはデリカシェフという会社。デリカシェフはハウス食品の子会社で、セブンイレブンで販売する食品を専門に製造している会社です。
この記事をシェアする
SNSフォローボタン
著者・管理人
著者プロフィール
かなざわ(チーズケーキブログ)

コンビニやカフェ、洋菓子屋のチーズケーキを食べ歩くチーズケーキ評論家。現在職業はライター的なことをしています。食べたチーズケーキを紹介するとともに、チーズケーキの歴史や種類を調べています。

※サポート(この記事がお役に立ちましたらぜひサポートをお願いします)
Paypal
note

SNSフォローボタン
取り寄せにおすすめのチーズケーキをまとめました
スポンサーリンク
チーズケーキを紹介するブログ【Cheese Cakes】
タイトルとURLをコピーしました