スポンサーリンク
カフェ/レストラン

【すき家】クランブルチーズケーキを実食|レモン酸味とシナモンの風味ですっきりした印象のベイクドチーズケーキ

すき家「クランブルチーズケーキ」 (2)カフェ/レストラン

牛丼屋の「すき家」は2022年10月19日に「クランブルチーズケーキ」を販売しました。値段は150円です。

すき家「クランブルチーズケーキ」 (1)
スポンサーリンク

2019年はレアチーズケーキだった

すき家は2019年にチーズケーキを販売していました。当時はカップに入ったレアチーズケーキでしたが、今回はベイクドチーズケーキです。

すき家のザクザクレアチーズ (6)
すき家が2019年に販売していたレアチーズケーキ。詳細はこちら。

今回は紙のカップに入ったベイクドチーズケーキの表面に、大ぶりのクランブルをのせています。同様の商品はコンビニでも見られます。

すき家「クランブルチーズケーキ」 (1)
2022年のチーズケーキ

注文すると袋に包装されたチーズケーキで届くのですが、中身もパッケージもコンビニで売ってそうな様子です。

製造者は日本食材加工株式会社になっており、製造を委託し、すき家を手掛けるゼンショーホールディングスがそれを販売するという形になっています。

すき家「クランブルチーズケーキ」 (1)

スイーツメニューがあるのは牛丼チェーンでは「すき家」だけ

牛丼チェーンはすき家の他にも吉野家、松屋などがありますが、スイーツを販売しているのはすき家のみです。またすき家はスイーツのメニューがいくつかあり、チーズケーキの他にもプリンやチョコレート系のスイーツがあります。

実はすき家はコーヒーも販売しており、牛丼がメインの店でありながら、カフェとしても利用できそうです。

現在の回転寿司チェーンでは、スイーツメニューが充実しており、コーヒーもあります。回転寿司のファミレス化、あるいはカフェ化といった現象が起きています。牛丼屋にもこの流れがそのうちくるのでしょうか。カフェ化しているのは今のところすき家だけですが。

さて、今回はチーズ牛丼と一緒に注文しましたが、以下の写真のようにお盆にのって一緒に提供してもらえます。注文の際に「チーズケーキは同時ですか?」と聞かれたので、食後にもってきてもらうこともできるのかもしれません。また写真では隠れてしまっていますが、デザート用のフォークも一緒に届けてくれます。

すき家「クランブルチーズケーキ」 (9)
店内で注文するとお盆にのって届く。チーズ牛丼とチーズケーキを同時に楽しめる。

牛丼屋でスイーツを食べるのは、まだやはり違和感があります。

もちろんテイクアウトも可能です。

レモンの酸味が爽やか、すっきりした印象のベイクドチーズケーキ

すき家「クランブルチーズケーキ」 (6)
すき家「クランブルチーズケーキ」 (6)
すき家「クランブルチーズケーキ」 (6)

表面のクランブルはほどよいサクサク感です。またシナモンの香りがあり、いいアクセントになっています。

本体のチーズケーキはねっとりした食感です。ベイクドチーズケーキらしさを感じます。レモンの酸味が割りとはっきりわかります。シナモンのキリッとした風味とレモンの酸味で、全体的にすっきりした印象に仕上がっています。

どこかのコンビニで置かれていてもまったく違和感がない完成度です。

その他、関連記事

※お店のメニューやマップ、営業時間などの情報は記事作成当時のものです。メニューがリニューアルし、紹介しているチーズケーキがなくなっている場合もあります。利用する際は公式サイトやお店のSNSで最新情報を確認することをおすすめします。

スポンサーリンク
フォロー
執筆・管理
かなざわ

おかげさまで900記事を超えました。洋菓子屋やカフェ、レストラン、コンビニのチーズケーキを食べ歩き、チーズケーキを記録していくとともに、チーズケーキの歴史や種類を調査しています。

お問い合わせは下記のページのお問い合わせフォームよりいただければと思います。
当サイトについて / 問い合わせ

その他SNSなど
https://linktr.ee/kanazawa.syoku

フォロー
チーズケーキを記録するブログ【Cheese Cakes】
タイトルとURLをコピーしました