スポンサーリンク

練馬【アルカション】のフロマージュ・キュイ|深くて複雑で優しいベイクドチーズケーキ

5.0
練馬 アルカション フロマージュ・キュイパティスリー/洋菓子店/ケーキ屋

アルカションは練馬駅から徒歩3分ほどの場所にあるパティスリーです。

今回はこちらのお店のベイクドチーズケーキを紹介します。

ちなみにこちらで売られているチーズケーキの名前は、

フロマージュ・キュイ(fromage cuit)」。

練馬 アルカション

「何それ?」と思って調べてみると、フロマージュ・キュイ(fromage cuit)とは「ベイクドチーズケーキ」という意味だそう。

「fromage」=チーズ
「cuit」=調理した、焼いた

直訳だと「焼いたチーズ」ですが、 フロマージュ・キュイという名でチーズケーキを出しているお店が日本にはたくさんあるようなので、 フロマージュ・キュイはベイクドチーズケーキということでいいのでしょう。

ちなみにフランス語で、チーズケーキは「gateau au fromage」というそうです。

前置きが長くなりましたが、練馬のパティスリーの「アルカション」のチーズケーキを紹介します!

「アルカション(練馬店)」の公式サイトや各種リンク
スポンサーリンク

アルカションのフロマージュ・キュイ

前述しましたが、フロマージュ・キュイはチーズケーキという意味です。

練馬 アルカション フロマージュ・キュイ

テイクアウト専用のチーズケーキなのに、ブルーベリーとクリーム(このクリームはサワークリーム的なもの)がトッピングされています。

さらにケーキの上にはパティスリーの名が書かれた紙。

練馬 アルカション フロマージュ・キュイ (4)

そういえばパティスリーって、オーソドックスなチーズケーキがなかったりします。

クリームチーズを使ったケーキはあるのですが、装飾や他の要素がごちゃごちゃしていてチーズケーキ感が全然感じられないことも。

しかし今回は、パティスリーが作ったオーソドックスなタイプのベイクドチーズケーキです。

パティシエがどんなチーズケーキを作るのか? かなり楽しみにだったりもします。

練馬 アルカション フロマージュ・キュイ (7)

バスクチーズケーキっぽさもありますが、決してバスクチーズケーキではありません。

一般的なベイクドチーズケーキです。

お店のメニュー説明にも「ベイクドチーズケーキ」と記載されていました。

複雑、深い

それでは味の説明を。

練馬 アルカション フロマージュ・キュイ (5)

食べてまず思ったのは、深い、複雑、ということ。

さすがパティスリー。

なんといったらいいのかわかりませんが、コンビニのスイーツやチェーンカフェで食べるチーズケーキとは深みが違います。

練馬 アルカション フロマージュ・キュイ (1)

もちろんどのチーズケーキもおいしいのですが、このチーズケーキは味の深みが違う。

最近、単調なチーズケーキばかり食べていたから、というのもあるかもしれません。

しかし一口食べた瞬間、「あれ、なんか普段たべているチーズケーキと違う。色々な味がある……」と感じたのはたしかです。

シンプルな見た目のチーズケーキ。

しかし食べてみるととんでもなく深くて、複雑で、どう捉えたらいいのかわからない。

シンプルなケーキの中に多くの魅力が詰まっている。

そんなチーズケーキの魅力を思い知らせるようなチーズケーキなのです。

愛情すら感じる優しいチーズケーキ

ひとまず落ち着いて、もう一口。

練馬 アルカション フロマージュ・キュイ

まず甘さは控えめで、微妙に微妙に塩っけと酸味があります。

口に入れた瞬間、顔がほころんでしまうような優しい口当たり。その優しさに愛情すら感じてしまう。

しかし、コクがあるから食べごたえもある。

練馬 アルカション フロマージュ・キュイ (8)

食感はしっとりとねっとりの中間くらい。

濃厚というほどではありませんが、この適度な主張のおかげで深みのあるチーズケーキを存分に楽しめる。

ちなみに土台は、普通のスポンジではなく、パウンドケーキのような微妙に甘みがあります。

ここにも何かこだわりがありそう。

刹那的なチーズケーキ

練馬 アルカション フロマージュ・キュイ (9)

口当たりのやわらかいさ、味の奥深さや複雑さ。

「チーズケーキ」というシンプルなケーキにも関わらず深みがあって、複雑で「ずっとこのチーズケーキを食べていた」と思わせてくれる。

こんなチーズケーキはじめてです。

最初の一口で感激し、気づけば最後の一口を迎えていた。

そんな刹那的なチーズケーキでした。

アルカションのチーズケーキを表す3つの言葉
  • シンプルなのに複雑な味
  • どう表現したらいいのかわからない
  • 愛情すら感じる優しさ
スポンサーリンク

値段、チーズケーキの詳細、カロリー

練馬 アルカション

フランス産クリームチーズを使用したベイクドチーズケーキ

店舗メニューの解説
値段400円
メニュー名フロマージュ・キュイ
チーズケーキのジャンルベイクドチーズケーキ
カロリー記載なし
製造者アルカション

味や食感などの分析

練馬 アルカション
甘さ★★★☆☆
酸っぱさ★☆☆☆☆
塩っぱさ★☆☆☆☆
ほろ苦さ☆☆☆☆☆
濃厚さ、コク、重量感★★★☆☆
ねっとり感(粘り気、舌に絡みつく感じ)★★★☆☆
とろとろ感(カスタードクリームのような)★★☆☆☆
ふわふわ感(生クリームっぽさ)★★☆☆☆
ぷるぷる感(ゼリーっぽさ)☆☆☆☆☆
もふもふ感(パンぽさ)★☆☆☆☆

土台(一番下の層)

素材スポンジのような、パウンドケーキのような、しっとりした感じ
厚さ・固さ全体の2割ほど。ふわふわ
味・風味ほんのりバターの風味がある

似たようなチーズケーキ

桜慈工房のチーズケーキ

桜慈工房 チーズケーキ (ホテル日航ノースランド帯広)

優しくて奥深い味で、思い出に残っているチーズケーキといえば、桜慈工房です。

桜慈工房は北海道・十勝にあるチーズケーキ専門店で、地元の食材を生かしたこだわりの、優しいチーズケーキが特徴。

十勝では有名なチーズケーキで、十勝管内のカフェや公共施設でも販売されているほど。

取り寄せも可能なので、優しいチーズケーキが好きな方はぜひ食べてみてください。

スポンサーリンク

「アルカション練馬店」はどんなお店?(店内様子や他のメニューなど)

練馬 アルカション (8)

アルカション練馬店は練馬駅から徒歩3分ほど場所にあります。

練馬駅は西武池袋線、都営大江戸線が乗り入れるターミナル駅。飲食店やスーパー、ユニクロなどもある、そこそこの駅。

そんな練馬駅にある「アルカション」。

今回紹介したチーズケーキ意外にもたくさんのチーズケーキがならんでいます。

練馬 アルカション (3)

ケーキの他にも焼き菓子があります。

練馬 アルカション (4)

手土産用の焼き菓子も。

練馬 アルカション (5)
練馬 アルカション (7)

店内にはテーブルと椅子がありますが、イートインできるかどうかはわかりません。

練馬 アルカション (6)

アルカションの本店は保谷

今回は練馬店を訪問しましたが、本店は保谷にあります。

アルカション保谷店情報

「アルカション練馬店」の評判・口コミ

Googleでの評価は★4。
Googleの口コミをみる

結構な高評価です。

口コミをみてみると、「ケーキやパンはおいしい」という口コミがある一方で、「店員さんの態度がわるい」という投稿を数多く見かけました。

筆者が訪問したときは、とくに問題なく、愛想のいい店員さんだったような気がします。

タイミングが悪いと無愛想な方にあたってしまうのかもしれません。接客には期待せず、「親切な人だったらラッキー」くらいの気持ちで訪問するのがちょうどいいのかもしれません。アルカションに限らずですが。

※アルカション練前店の行き方動画

練前店からアルカション練前店の行き方
「アルカション(練馬店)」の公式サイトや各種リンク

※他にも当ブログでは色々なお店のチーズケーキを紹介しています。

取り寄せ・ネット通販のチーズケーキ一覧
取り寄せ購入が可能なチーズケーキを一覧でまとめています。日本全国、どこからでもネットで注文可能なので、この機会にぜひ気になるチーズケーキ…
パティスリー、洋菓子店、ケーキ屋のチーズケーキ一覧
パティスリーやケーキ屋、洋菓子屋など、商品の種類が豊富でテイクアウトが専門のお店のチーズケーキを紹介しています。
タイトルとURLをコピーしました