チーズケーキ通信

チーズケーキ、チーズスイーツをほぼ毎日紹介

【イオン(トップバリュ)】の「チーズデザート 瀬戸内レモンレアチーズケーキ 鉄分入り」を購入実食レポ

※ 当ブログのリンクの一部には広告が含まれます

スーパーのイオンのチーズコーナーで見つけたスイーツ系のチーズを紹介します。

今回購入したのはイオンのプライベートブランであるトップバリュのベストプライスシリーズから販売されている商品です。

イオン(ベストプライス)「チーズデザート 瀬戸内レモンレアチーズケーキ 鉄分入り」 (2)

いわゆる6Pチーズのようなそれ単体で食べられる商品です。こちらは四角いものが4つはいっています。値段は127円でした。

イオン(ベストプライス)「チーズデザート 瀬戸内レモンレアチーズケーキ 鉄分入り」 (4)

イオン(ベストプライス)「チーズデザート 瀬戸内レモンレアチーズケーキ 鉄分入り」 (5)

商品名は「チーズデザート 瀬戸内レモンレアチーズケーキ」です。今回は瀬戸内レモンを購入しましたが、他にも「とちおとめいちご」と「シャルドネ」がありました。ネットには「ブルーベリー」も掲載されています。

前述のとおり、これ単体でも食べられるタイプのチーズです。6Pチーズとは違い甘みがあり、スイーツとしても食べられます。チーズを使ったケーキ状の甘味がある食べ物という意味ではチーズケーキの一種であるといえます。

スイーツ系のチーズは他のメーカーにも

このような小さいチーズケーキは、他のメーカーからも販売されています。有名なのは六甲バターのQBBというブランドが販売しているチーズデザートです。

QBBチーズデザートの贅沢ナッツ (7)
QBBチーズデザートの贅沢ナッツ

他にも森永乳業のクラフトが販売している「小さなチーズケーキ」や、宝幸のロルフが販売している「チーズドルチェ」があります。

クラフトの小さなチーズケーキ ストロベリー (1)
クラフトの小さなチーズケーキ ストロベリー

ロルフ(宝幸)「チーズドルチェ ピスタチオ」の写真 (1)
ロルフ(宝幸)「チーズドルチェ ピスタチオ」

スイーツ系6Pチーズ(スイーツ系チーズ)を一覧まとめ

さて、トップバリュのチーズデザートはどんな質感、味なのでしょうか。

開封しやすい

まず開け方ですが、裏側に赤いリボンがついており、これを引っ張ると簡単に開封することができます。

イオン(ベストプライス)「チーズデザート 瀬戸内レモンレアチーズケーキ 鉄分入り」 (6)

イオン(ベストプライス)「チーズデザート 瀬戸内レモンレアチーズケーキ 鉄分入り」 (7)

開封のしやすさはトップクラスです。QBBのチーズデザートと同程度です。クラフトやロルフの商品は正直、開封が大変でストレスがありましたが、こちらは難なく開封できました。

甘さ控えめ、むっちり固め

外見は普通の、このタイプのプロセスチーズといった感じです。

イオン(ベストプライス)「チーズデザート 瀬戸内レモンレアチーズケーキ 鉄分入り」 (8)

イオン(ベストプライス)「チーズデザート 瀬戸内レモンレアチーズケーキ 鉄分入り」 (9)

食感はけっこう固めでむっちりしています。6Pチーズとまではいきませんが、それに近い、弾力、噛みごたえがある食感です。QBBのチーズデザートやロフルのチーズドルチェはもっと柔らかくしっとりしていました。どちらがいいかは好みよって分かれるところでしょうか。

イオン(ベストプライス)「チーズデザート 瀬戸内レモンレアチーズケーキ 鉄分入り」 (10)

味についてですが、印象としては、甘さは控えめです。チーズの味はしっかりしており、甘みはほんのりといった程度で、その他にレモンの酸味と苦味があります。

他のメーカーと比較すると、断トツで甘さは抑えているのではないかと思います。もちろん普通の6Pチーズに比べると甘みはあります。そのためスイーツとしても十分に食べられますが、ちょっとしたお菓子、あるいはおつまみとしても十分に食べられると思います。

個人的にはやはりQBBのチーズデザートが好きです。

詳細情報(値段、カロリーなど)

購入店イオン
商品名チーズデザート 瀬戸内レモンレアチーズケーキ 13.5g×4個
公式サイト
値段127円
カロリー47kcal
製造者マリンフード
購入日2023年10月
特徴甘さ控えめ、むっちり固めのスイーツ系チーズ

イオン(ベストプライス)「チーズデザート 瀬戸内レモンレアチーズケーキ 鉄分入り」 (3)

スイーツ系のチーズは以下のページでまとめています。

また以下のページでは現在購入できるコンビニのチーズケーキをまとめています。