MENU
カテゴリー

【ファミリーマート】の窯焼きチーズケーキ|オーブンではなく”窯”で焼いたチーズケーキ!その味とは?

当サイトの一部のリンクには広告が含まれます
ファミリーマートの「窯焼きチーズケーキ」の写真 (6)

2023年3月7日にファミリーマートより「窯焼きチーズケーキ」が販売されました。

ファミリーマートの「窯焼きチーズケーキ」の写真 (1)

ファミリーマートに限った話ではありませんが、コンビニでは過去に販売した商品を少し改良した上で、再度新商品として販売することがあります。ファミリーマートの例でいえば、スフレプリンという人気商品が何度もリニューアルの上で販売されています。一方で今回は窯焼きチーズケーキは、過去に販売された例がありません。つまり完全に新作です。

目次

オーブンではなく「窯焼き」のチーズケーキ

まず注目したいのが商品名です。「窯焼きチーズケーキ」という、製法に着目した商品名なのです。

一般的にチーズケーキはオーブンで焼きますが、こちらは窯で焼いているそうです。窯を使ったというチーズケーキは時々、スーパーや洋菓子屋で見かけます。たとえばモンテールが販売している「窯焼きベイクドチーズタルト」がそうでした。

モンテール 窯焼きベイクドチーズタルト
モンテールの窯焼きベイクドチーズタルトの写真。
あわせて読みたい
【モンテール】の窯焼きベイクドチーズタルト|スーパーのチーズタルトでありながら絶品の味のチーズタルト モンテール。 僕がスイーツを愛するようになったのはモンテールがあったからこそといえます。 モンテールは、冷蔵タイプのスイーツを製造している企業で、スーパーマー...

窯とオーブンではどういった違いがあるのでしょうか。

調べてみると、温度に大きな違いがあるようです。窯や400度や500度まで温度を上げることができ、またその温度を常にキープできます。一方でオーブンは一般的な機種であれば300度くらいが限界です。

このように最高温度に違いがあるのですが、チーズケーキを焼く際に高い温度を使っているかは、料理の素人である私は判断できません。さらにいうと窯といっても色々あるようで、その形状によって熱の入り方に違いがでるそうです。また熱源が木なのか、ガスなのか電気なのかで風合いに違いがでます。シンプルに「窯焼きチーズケーキ」といわれても、なかなかそのメリットはわからないものです。

なめらかな舌触りにアーモンドとクランブルの食感が楽しい

さて実際の商品はこちらです。

紙のタイプのカップで焼いたチーズケーキです。スプーンでもフォークでも食べられます。また表面にはスライスアーモンドとクランブル、キャラメルソースのトッピングがあります。

蒸し焼きにしたようななめらかな舌触りです。これは窯焼きによるものなのでしょうか。

クリームチーズの他にもサワークリームに近い乳製品の風味が、口のなかにふわっと充満します。いわゆる濃厚さのようなものを存分に感じられます。

さらに表面にまぶされたクランブルとアーモンドがとてもいい役割を果たしています。食感と味に彩りが生まれ、食べていて飽きることがありません。

窯焼きのメリットはやはりわかりませんが、チーズケーキ特有の乳製品のコクと食感の彩りを楽しめる商品でした。

カロリーや値段など

値段238円(税込)
カロリー261kcal
製造者ロピア
参考ページ公式サイトの商品ページ
もぐナビ
ファミリーマートの「窯焼きチーズケーキ」の写真 (1)

その他の関連ページ

チーズケーキ通信|チーズスイーツ...
ファミリーマート – チーズケーキ通信|チーズスイーツの総合情報サイト ファミリーマートのチーズケーキ・チーズスイーツを一覧でまとめています。新商品から過去に販売された懐かしのチーズケーキまで紹介しています。各チーズケーキの詳細は、...
チーズケーキ通信|チーズスイーツ...
コンビニ・スーパーのプライベートブランド商品 – チーズケーキ通信|チーズスイーツの総合情報サイト コンビニ、スーパーが手掛けるプライベートブランドのチーズケーキ・チーズスイーツ・ティラミスを一覧でまとめています。具体的にはセブンイレブン、ローソン、無印良品な...
目次