チーズケーキ通信

チーズケーキ、チーズスイーツをほぼ毎日紹介

【不二家(ケーキ屋)】のイタリアンチーズケーキ(カッサータ)を購入、ケーキの構成や食べた感想について

※ 当ブログのリンクの一部には広告が含まれます

不二家から2023年9月15日に販売された「イタリアンチーズケーキ(カッサータ)」を購入してみました。

Fujiya(不二家)の「イタリアンチーズケーキ(カッサータ)」の写真

値段は520円です。イタリアの伝統菓子であるカッサータを不二家流にアレンジしたチーズケーキとのことです。

Fujiya(不二家)の「イタリアンチーズケーキ(カッサータ)」の写真 (7)

Fujiya(不二家)の「イタリアンチーズケーキ(カッサータ)」の写真

【構成】

表面:ホイップクリーム、ナッツなど
その下:フルーツなどを混ぜたカッサータクリーム
その下:レアチーズ
一番下:スポンジ

スポンジを土台にしたレアチーズムースが本体です。その上に洋酒に漬けたナッツとフルーツを混ぜたカッサータクリーム(公式サイトより)をのせています。

また表面にはホイップクリーム、ナッツ、巻チョコのトッピングも。なんともおしゃれビジュアルに仕上がっています。

Fujiya(不二家)の「イタリアンチーズケーキ(カッサータ)」の写真 (4)

カッサータを模したチーズケーキ

カッサータはイタリアのシチリアで生まれたとされる菓子です。本場のカッサータはリコッタという乳製品を使ったケーキです。

日本ではクリーム系のチーズ及び乳製品にドライフルーツやナッツを混ぜて冷やして固めたアイスケーキとして一般的に知られています。

カッサータ
日本で一般的に見られるカッサータ

以下のページではカッサータの歴史や日本での普及について考察しています。

2021年頃にコンビニで販売されたこともあり、ちょっとしたブームのようになっていたのですが、最近では落ち着きを見せています。そんな最中に不二家からカッサータを模したケーキが販売されました。

前述のとおり不二家風にアレンジを加えたもので、スポンジケーキやレアチーズケーキなどを加えています。簡単にいえばドライフルーツとナッツのレアチーズケーキといった感じではあります。

一方で「カッサータ」の名前がついた商品は不二家としては初めてのように思います。そもそもチェーンのケーキ屋としても、初めてかもしれません。

食べた感想|食べやすくて楽しい、不二家らしいケーキ

ドライフルーツやナッツ、レアチーズやスポンジなど色々な要素があり、色々な味や食感を楽しめます。

Fujiya(不二家)の「イタリアンチーズケーキ(カッサータ)」の写真

ふわふわ、しっとりなどのなかに、ザクザクがゴロゴロ、プツプツといった食感があり、口のなかがとても楽しいです。

Fujiya(不二家)の「イタリアンチーズケーキ(カッサータ)」の写真 (11)

すっきりした乳製品のコクと甘みで、クセが強いものはありません。スポンジ、レアチーズ、ナッツなどが口のなかで混ざり合う期待どおりの味、美味しさです。不二家らしい、全年齢対象型の食べやすくて楽しいケーキであるといえます。

値段、公式サイトなど

購入店不二家
商品名イタリアチーズケーキ(カッサータ)
公式サイトの商品ページ
値段520円(税込)
購入日2023年9月中旬
特徴カッサータ風のレアチーズケーキ

不二家のチーズケーキと歴史については以下のページで紹介しています。

北海道なめらかチーズパイはこちら。