-Ads-
カフェ/レストラン

由布院【亀の井別荘・茶房 天井桟敷】のモンユフとチーズケーキ|メニューやお店の様子についても

亀の井別荘・茶房天井桟敷のモンユフの写真 (2)カフェ/レストラン

温泉地の由布院には御三家と呼ばれる旅館があります。その1つが亀の井です。

その亀の井には別荘があり、この別荘には茶房 天井桟敷(てんじょうさじき)という名の喫茶店があります。

茶房 天井桟敷は、江戸末期の造り酒屋の建物を移築した店です。江戸末期にタイムスリップしたかのような雰囲気で、由布院では人気の喫茶店の1つになっています。

そんな天井桟敷の看板メニューである「モンユフ」と「自家製バスクチーズケーキ」の2つのチーズスイーツをお店の様子とともに紹介します。

亀の井別荘・茶房天井桟敷のモンユフの写真 (3)
-Ads-

茶房 天井桟敷までのアクセスと店の外観

まず天井桟敷は、由布院駅から徒歩20分前後の、金鱗湖のすぐ近くにあります。

金鱗湖の写真(2)
金鱗湖

駅からは離れていますが、途中の道にある飲食店や雑貨屋、美術館を散策し、最後に金鱗湖を見るのが由布院の定番観光コースです。この定番コースで回るならほぼ必ず天井桟敷の近くまでいくはずです。そのついでに訪問するなら徒歩20分も気になりません。

こちらが亀の井別荘です。

亀の井別荘・茶房天井桟敷の店の様子 (13)

喫茶店の天井桟敷の入り口は、この裏側にあります。

亀の井別荘・茶房天井桟敷の店の様子 (13)
天井桟敷の入り口

茶房の営業時間は9時から17時で、夜はバーになります。人気の店なので並ぶことを覚悟しておいたほうがいいと思います。

店内は、江戸末期の建物を移築したというだけあり、江戸末期にタイムスリップしたかのような雰囲気です。

亀の井別荘・茶房天井桟敷の店の様子 (10)

窓側のカウンター席からは庭園を望むことができ、四季折々の景色を楽しむことができます。

亀の井別荘・茶房天井桟敷の店の様子 (8)
-Ads-

モンユフ(由布岳をイメージしたシンプルなケーキ)

こちらが看板メニューのモンユフです。

亀の井別荘・茶房天井桟敷のモンユフの写真 (2)
亀の井別荘・茶房天井桟敷のモンユフの写真 (2)
亀の井別荘・茶房天井桟敷のモンユフの写真 (2)

クリームチーズのまわりにホイップクリームを載せ、その周りにブランデー漬けにしたレーズンをトッピングしたケーキです。

由布院から見られる由布岳をイメージしているそうです。

写真だとその構造がわかりにくいですが、中央にクリームチーズがあります。このクリームチーズは、砂糖などは混ぜておらず、クリームチーズをそのまま使っています。

そのクリームチーズをホイップクリームで包み、その周りにラムレーズンをトッピングしています。ホイップクリームは甘味があるので、砂糖を混ぜていると考えられます。

クリームチーズ、ホイップクリーム、ブランデー漬けのレーズン、砂糖だけの非常にシンプルなケーキです。家でも再現できそうです。このようなチーズを使ったスイーツは初めて食べました。

シンプルなケーキなのに、どこかおしゃれで上品な感じがあります。そしてけっこう食べごたえもあります。

亀の井別荘・茶房天井桟敷のモンユフの写真 (2)
亀の井別荘・茶房天井桟敷のモンユフの写真 (2)
亀の井別荘・茶房天井桟敷のモンユフの写真 (2)

ホイップクリームの甘味とラムレーズンの上品な風味、そしてクリームチーズの塩味を相互に、あるいは同時に感じられ、まったく飽きずに食べることができます。

ただし、レーズンはしっかりレーズンの味がするので苦手な方はご注意を。

亀の井別荘・茶房天井桟敷のモンユフの写真 (2)

モンユフとお店の様子が何となくわかる動画もあります。

-Ads-

自家製バスクチーズケーキ

もう1つ、自家製バスクチーズケーキがあったので注文してみました。ケーキメニューは時期によって変わるようなので、バスクチーズケーキが終了する可能性もあります。

亀の井別荘・茶房天井桟敷の自家製バスクチーズケーキの写真 (3)
亀の井別荘・茶房天井桟敷の自家製バスクチーズケーキの写真 (3)
亀の井別荘・茶房天井桟敷の自家製バスクチーズケーキの写真 (3)

四角いバスクチーズケーキです。

特筆すべき点はありませんが、シンプルにバスクチーズケーキの魅力を楽しめます。濃厚で深みのある味と、しっとり、ねっとりともいえる食感を存分に楽しめます。

亀の井別荘・茶房天井桟敷の自家製バスクチーズケーキの写真 (3)
亀の井別荘・茶房天井桟敷の自家製バスクチーズケーキの写真 (3)
亀の井別荘・茶房天井桟敷の自家製バスクチーズケーキの写真 (3)

老舗感のあるお店なので、スイーツメニューは昔ながらのスフレチーズケーキか、あるいは前述のモンユフのみなのかと思っていました。

しかし意外にも、バスクチーズケーキのような比較的最近定着したスイーツがありました。お皿とカトラリーも今風のシンプルでアンティーク調のものを揃えています。

天井桟敷は、昔ながらのものをもちろん残していますが、一方で流行のものをしっかり取り入れているようです。

亀の井別荘・茶房天井桟敷の店の様子 (8)
-Ads-

詳細情報(公式サイトなど)

今回はスイーツメニューしか紹介できませんでしたが、他にもトーストやビーフシチューなどのメニューがあります。お茶のみならずランチやモーニングにも利用する人が多い店です。

メニューは上述の食べログやGoogleマップの口コミなどから確認できるので、ぜひご覧ください。

-Ads-

その他、当ブログの関連記事

由布院では他にもチーズケーキを食べられる店があります。

※お店のメニューやマップ、営業時間などの情報は記事作成当時のものです。メニューのリニューアルや閉店などの可能性があります。利用する際は公式サイトやSNSで最新情報を確認することをおすすめします。
※当サイトでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。当サイトで紹介する一部の商品・サービスを当サイト記載のリンクから利用、購入すると売上の一部が当サイトに還元される場合があります。

-Ads-
執筆・管理
かなざわ

おかげさまで900記事を超えました。洋菓子屋やカフェ、レストラン、コンビニのチーズケーキを食べ歩き、チーズケーキを記録していくとともに、チーズケーキの歴史や種類を調査しています。

フォロー

自費出版物

ミルクレープの歴史と普及の過程に迫る【ミルクレープとは何か?】

ミルクレープとは何か? 表紙

ミルクレープはいつ頃から日本に存在するのか? ミルクレープはどのようにして私たちの生活に定着したのか? これまで詳しく語られることがなかったミルクレープの歴史やその特性を掘り下げた一冊。新しいミルクレープの姿を垣間見れる内容になっています。Amazonにて販売中。

※購入・詳細はこちら(Amazon)

40店以上のミルクレープを写真で紹介!【ミルクレープ図鑑】

日本にはどのようなミルクレープが存在するのか? カフェや洋菓子屋、寿司屋にいたるまで、あらゆる店のミルクレープを写真で紹介する一冊。全40店以上のミルクレープを収録しており、まさにミルクレープ図鑑といえる内容になっています。Book★Walkerにて販売中!

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

チェーンカフェチーズケーキ録(2021年版)

全21店のカフェのチーズケーキについて、写真と文章で解説した一冊です。Book★Walkerにて販売しています。

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

現在はミルクレープの本が多いですが、次はチーズケーキの日本における歴史や普及の過程をとことん掘り下げた本を出版予定です。

フォロー
-Ads-
チーズケーキを記録するブログ【Cheese Cakes】
タイトルとURLをコピーしました