【POMOLOGY】ドライフルーツをたっぷり使った「5種のドライフルーツのレアチーズケーキ」について|イタリア栗のモンブランも紹介

POMOLOGY(ポモロジー)の「5種のドライフルーツのレアチーズケーキ」 (3)洋菓子屋

新宿伊勢丹に入っている、果物を使ったケーキや焼き菓子を販売している「POMOLOGY(ポモロジー)」を訪問してきました。

こちらでいただいたレアチーズケーキとモンブランを食べた感想を紹介します。後半ではお店の特徴についても紹介しています。

POMOLOGY(ポモロジー)の「5種のドライフルーツのレアチーズケーキ」 (5)
今回購入したレアチーズケーキとモンブラン
POMOLOGY(ポモロジー) (19)
スポンサーリンク

実食レポ)5種のドライフルーツのレアチーズケーキ

まずこちらは5種のドライフルーツのレアチーズケーキです。

POMOLOGY(ポモロジー)の「5種のドライフルーツのレアチーズケーキ」 (5)
POMOLOGY(ポモロジー)の「5種のドライフルーツのレアチーズケーキ」 (5)
POMOLOGY(ポモロジー)の「5種のドライフルーツのレアチーズケーキ」 (5)
POMOLOGY(ポモロジー)の「5種のドライフルーツのレアチーズケーキ」 (5)

値段は756円(税込み)。取り寄せはできません。新宿伊勢丹の店舗でのみ購入できます。

商品説明は以下のとおりです。

クリームチーズとマスカルポーネに、ドライフルーツの国産ワイン漬けを合わせて。

店舗の値札の商品説明より

ポモロジーは「フルーツは都会の自然」をキャッチコピーに、果物を使った菓子を専門に販売しているお店です。ドライフルーツがぎっしり詰まったこのレアチーズケーキは、ポモロジーの価値観を体現したような商品です。

ちなみにサイズはけっこう大きいです。写真だとわかりにくいのですが、他のパティスリーで見かけるこのタイプの長方形のケーキの1.5倍くらいはあります。

それでも、優しい味のレアチーズケーキであり、またドライフルーツによってサイズが増している部分もあるので、1人でも余裕で食べられます。「このサイズ1人で大丈夫かな…」と一瞬不安がよぎるサイズであることはお伝えしておきます。

ドライフルーツの思う存分に楽しめるチーズケーキ

POMOLOGY(ポモロジー)の「5種のドライフルーツのレアチーズケーキ」 (1)
POMOLOGY(ポモロジー)の「5種のドライフルーツのレアチーズケーキ」 (6)

食べた感想ですが、まず土台はもろもろ系のクッキー生地でバターの風味が心地良いです。

本体のレアチーズケーキはしっとり系で、やんわりコクがあります。強すぎず、弱すぎずのちょうどよいコクです。そんなレアチーズケーキの味に、ドライフルーツの酸味がマッチしています。ドライフルーツは洋酒漬けにしているそうですが、その上品な風味がふわっと抜けていきます。

ドライフルーツを使ったチーズケーキはこれまでいくつか食べたことがありますが、ここまではっきりドライフルーツの味、美味しさを感じられたのは、ポモロジーが初めてです。これからも定期的に思い出すであろう、印象的なチーズケーキでした。

余談ですが、個人的にもう1つ印象的だったドライフルーツのレアチーズケーキがあります。チーズケーキ専門店のコガネイチーズケーキが販売しているチーズケーキです。

このドライフルーツのチーズケーキは、砂糖を使用せずドライフルーツの甘みだけで、チーズケーキを成立させています。

実際に食べてみるとドライフルーツの甘さだけでも十分に美味しく、しかも十分に満足できることがわかります。砂糖を使わないという思い切ったチーズケーキは他では見たことがなく、その意味では非常に革新的なチーズケーキです。こちらもおすすめです。

コガネイチーズケーキの詳細は以下のページをご覧ください。

スポンサーリンク

実食レポ)イタリア栗のモンブラン

続いてはイタリア栗のモンブランです。こちらはチーズケーキではありませんが、せっかく食べたので紹介します。

POMOLOGY(ポモロジー) の「イタリア栗のモンブラン」 (1)
POMOLOGY(ポモロジー) の「イタリア栗のモンブラン」 (1)
POMOLOGY(ポモロジー) の「イタリア栗のモンブラン」 (1)
POMOLOGY(ポモロジー) の「イタリア栗のモンブラン」 (1)

値段は864円。「イタリア栗を使った甘さ控えめのモンブラン」とのことです。

土台にはサクサクのサブレ生地を敷き、内部はジェノワーズ、カットしたマロン、生クリーム、マロンムースが入っています。

POMOLOGY(ポモロジー) の「イタリア栗のモンブラン」

モンブランは、たまにしか食べないので他店との明確な比較はできませんが、一口食べて「あ、これ美味しいやつだ!」と直感的に感じる味です。

商品説明のとおり、甘さは控えめで、栗の上品な風味が引き立てられているように思います。

ムースのしっとりした食感、クリームのふわっとした食感、ジェノワーズのもふもふ食感、クッキー生地のサクサクした食感など、複数の食感が咀嚼を楽しませてくれます。

味も食感も、一瞬たりとも飽きることがないモンブランです。

POMOLOGY(ポモロジー)とは?

ポモロジーがどんなお店なのかについて簡単に紹介します。

POMOLOGY(ポモロジー) (17)

POMLOGY(ポモロジー)は、現在新宿伊勢丹にのみ出店している洋菓子屋です。

果物を使ったケーキ、焼き菓子の専門店

「自宅のリビングに季節の花を飾る感覚で」と題して、果物を使った焼き菓子やケーキを販売しています。

今回紹介したドライフルーツのレアチーズケーキとイタリア栗のモンブランは、それほど季節感がないケーキでしたが、季節の果物を使ったショートケーキやタルトも販売しています。

また焼き菓子はフルーツバーやベリーのクッキー、フルーツとチョコレートを組み合わせたクッキーなど、珍しいものが多々あります。

晩柑(ばんかん)というそれほどメジャーではない果物を使った商品もあり、見ているだけでも楽しいお店です。商品は公式のInstagramで紹介されているので、ぜひご覧になってみてください。

メトロ製菓のブランド

ちなみにPOMOLOGY(ポモロジー)は、「メトロ製菓」が手掛けるブランドです。メトロ製菓は、ロイスダール、フィーカ、フルーリアなどのブランドも手掛けています。

メトロ製菓は戦前の1923年に創業した老舗です。先代はアメリカにわたり、チョコレートキャラメルの技術を習得し後、日本で開業(メトロ製菓の公式サイト)。日本におけるチョコレート菓子の普及に貢献した店であるといえます。

また最近では北欧菓子に注目し、北欧菓子ブランドである「フィーカ」を立ち上げました。
※参考:北欧菓子店<フィーカ>の全ラインアップを紹介。幸運を運ぶ馬クッキーにも注目!

これまでフランス、スイス、ドイツが中心だった洋菓子に新しい風を吹き込もうと切磋琢磨している企業です。ポモロジーも、他店にはない先進性があるブランドです。

POMOLOGYの公式サイトや各種検索

営業時間10時~20時(新宿伊勢丹に準ずる)
※営業時間は変更になる場合があります。
公式サイトやお店のSNSなども併せて確認しておくことをおおすすめします。
公式サイトなど公式サイト
お店のInstagram(商品のラインナップがわかります)
Googleマップhttps://goo.gl/maps/24sCrfoeiGATthQU6
その他食べログ(商品のラインナップや口コミが閲覧できます)
Instagramで「#ポモロジー」を検索
Googleで「ポモロジー」を検索

その他、当ブログの関連記事

【新宿伊勢丹で買えるチーズケーキ一覧】

タイトルとURLをコピーしました