-Ads-
チェーン系洋菓子屋取り寄せ可能店

【フェムラ・テール 美瑛】のバターチーズサンド|常温タイプと冷蔵タイプを実食

フェムラテールのバターチーズサンド (19)チェーン系洋菓子屋
フェムラテールのバターチーズサンド

新宿伊勢丹や品川や渋谷、梅田などの都心部に出店するフェム ラ・テール 美瑛。同店が看板商品として販売しているのが、バターチーズサンドという商品です。

-Ads-

生菓子タイプと焼き菓子タイプがある

バターチーズサンドは2種類あります。1つは要冷蔵の生菓子タイプ、もう1つは常温保存できるタイプです。

フェムラテールのバターチーズサンド (8)

シルバーのパッケージが常温タイプで、グリーンのパッケージは生菓子タイプです。

中身も違っています。サブレが3枚重なっているのが常温保存できるタイプです。クリームの量が多い、いかにもバターサンドのほうが、生菓子タイプです。

またそれぞれ味が数種類あります。ダブルクリーム、カマンベール、チョコレート、ローストナッツ、フランボワーズなどがあります。

フェムラテールのバターチーズサンド (16)
-Ads-

バターチーズクリームのしっとり感を楽しめる生菓子タイプ

今回は要冷蔵のタイプからバターチーズサンドのプレーンを1つと、常温保存できるタイプからカマンベールとダブルクリームの2つをいただきました。

生菓子タイプはクリームが多く、またしっとりなめらかな舌ざわりです。バターチーズクリームは、バタ臭さや重たさは感じません。程よいコクと風味でどんどん食べてしまいます。

-Ads-

サブレの香ばしさとサクサク感を楽しめる常温タイプ

常温保存できるタイプはサブレ3層枚です。クリームは、よりバター感のある硬めの質感です。

こちらはクリームよりはサブレが主体となります。3枚あるのでサクサク感とバターの香ばしさを存分に楽しめます。パッケージも形もおしゃれな感じであり、また常温で保存できるなど、手土産にはもってこいの商品です。

-Ads-

バターブームとチーズケーキブームのなかで増えたチーズバターサンド

チーズバターサンド、あるいはチーズサンドはここ数年(2019年頃から)よく見るようになった食べ物です。2018年頃はこのような食べ物に目立った商品はありませんでした。それが2019年頃、あるいは2020年頃になって急に販売する店が増えました。今回紹介するラテールのバターチーズサンドをはじめ、他の洋菓子屋も販売しています。またコンビニやスーパーでも販売されたことがあります。このブログでも度々紹介しました。

このようにチーズサンド、あるいはチーズバターサンドが急増した背景には、バターサンドブームとチーズケーキブームが重なったことがあると考えられます。

生活史研究家の阿古 真理さんはウェブ記事のなかで、バターを使った食べ物がトレンド化しているとしたうえで、その火付け役や要因についてに述べています(『まだまだ続く「バターブーム」…その裏で日本人に起こった「変化」の正体、2022年1月16日、2022年8月22日確認』)。同記事はバターを使った食べ物のブームの火付け役としてバターサンド専門店、「PRESS BUTTER SAND」の存在を挙げています。またバターがトレンド化した要因の1つとして、恒常的なバターの品不足によるバターの注目度の増加をあげています。このようにバターは近年トレンドになっています。

またチーズケーキも同じ時期にトレンド化していました。2018年後半のバスクチーズケーキを発端にチーズケーキそのものが最近までトレンドとなっていました。バターチーズサンド、あるいはチーズサンドは、このようにバターブームに伴うバターサンドの注目度の上昇と、チーズケーキブームのなかで急に見られるようになった食べ物であると考えられます。

-Ads-

フェムラテール美瑛はラテール洋菓子店の系列

今回紹介したバターチーズサンドはフェム ラ・テール美瑛で購入したものです。フェムラテール美瑛は、ラテールという会社が運営しています。同社は他にもラテール洋菓子店やテラ・セゾンなどのブランドを運営しています。チーズクリームをシフォンケーキのような生地でサンドしたお菓子や、カップタイプのチーズケーキがあります。

フェムラテール美瑛を運営するラ・テールは東京世田谷池尻の洋菓子店から始まりました。現在でもこの洋菓子屋はあります。今回紹介したバターチーズサンドを販売しているフェムラテール美瑛は、前述のラテール洋菓子店が北海道・美瑛町ではじめた洋菓子とパンのブランドです。現在では北海道だけではなく東京や大阪にも店舗があります。というより北海道以外の店舗が多くなっています。

ラテールの系列店は東京各地にあります。ただし色々なブランドがあり、扱っている商品も微妙に違う場合があります。今回紹介したバターチーズサンドは新宿伊勢丹の他、品川店でもみかけました。その他の店舗にあるかどうかはわかりません。またオンラインストアでも購入できます。

公式サイトや各種検索

その他、当ブログの関連記事

※お店のメニューやマップ、営業時間などの情報は記事作成当時のものです。メニューのリニューアルや閉店などの可能性があります。利用する際は公式サイトやSNSで最新情報を確認することをおすすめします。
※当サイトでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。当サイトで紹介する一部の商品・サービスを当サイト記載のリンクから利用、購入すると売上の一部が当サイトに還元される場合があります。

-Ads-
執筆・管理
かなざわ

ブログの執筆、運営をしているチーズケーキマニアのかなざわです。洋菓子屋やカフェ、レストラン、コンビニのチーズケーキを食べ歩き、ネットで日々チーズケーキを取り寄せ、チーズケーキを記録しています。

フォロー

自費出版物

ミルクレープの歴史と普及の過程に迫る【ミルクレープとは何か?】

ミルクレープとは何か? 表紙

ミルクレープはいつ頃から日本に存在するのか? ミルクレープはどのようにして私たちの生活に定着したのか? これまで詳しく語られることがなかったミルクレープの歴史やその特性を掘り下げた一冊。新しいミルクレープの姿を垣間見れる内容になっています。Amazonにて販売中。

※購入・詳細はこちら(Amazon)

40店以上のミルクレープを写真で紹介!【ミルクレープ図鑑】

日本にはどのようなミルクレープが存在するのか? カフェや洋菓子屋、寿司屋にいたるまで、あらゆる店のミルクレープを写真で紹介する一冊。全40店以上のミルクレープを収録しており、まさにミルクレープ図鑑といえる内容になっています。Book★Walkerにて販売中!

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

チェーンカフェチーズケーキ録(2021年版)

全21店のカフェのチーズケーキについて、写真と文章で解説した一冊です。Book★Walkerにて販売しています。

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

現在はミルクレープの本が多いですが、次はチーズケーキの日本における歴史や普及の過程をとことん掘り下げた本を出版予定です。

フォロー
-Ads-
チーズケーキを記録するブログ【Cheese Cakes】
タイトルとURLをコピーしました