スポンサーリンク
個人店のカフェ・レストラン

祇園・四条【フランソア喫茶室】のシンプルなのにめちゃくちゃおしゃれに見えるレアチーズケーキ|ベイクドチーズについても

個人店のカフェ・レストラン

フランソア喫茶室は、京都の祇園四条駅、もしくは京都河原町駅からすぐの場所にある喫茶店です。

豪華客船のキャビンをイメージしたという店内には、ステンドグラス窓が配置されており、喫茶店では初めて国の有形文化財にも指定されています。

昭和初期にタイムスリップしたかのような内装になっており、地元人のみならず、観光客で連日にぎわっているそうです。現在の建物は、1941年の改装によって完成したものです。

祇園・四条「フランソア喫茶室」のレアチーズケーキ (5)

創業したのは1934年で、言論を統制されていた戦時下には、自由に議論を交わせる「文化と自由のオアシス」のような場所だったといいます。

フランソアの詳しい歴史は公式サイトで解説されています。また店内の様子も公式サイトで公開されています。

そんなフランソア喫茶室の人気商品の1つがレアチーズケーキです。

スポンサーリンク

レアチーズケーキ

祇園・四条「フランソア喫茶室」のレアチーズケーキ (2)

祇園・四条「フランソア喫茶室」のレアチーズケーキ (2)

京都のチーズケーキを検索するとほぼ確実に出てくるのがフランソアのレアチーズケーキです。京都でおすすめのチーズケーキとして多くのメディアで紹介されています。

シンプルなのにオシャレに見えるチーズケーキ

このレアチーズケーキはシンプルでありながら、非常におしゃれに見えます。

祇園・四条「フランソア喫茶室」のレアチーズケーキ (5)

土台にスポンジ、その上にレアチーズケーキ、そしてベリーソースをトッピングしただけのチーズケーキです。ミントや果物などのトッピングはありません。にも関わらず非常におしゃれで、思わず写真に収めたくなります。

なぜこんなにおしゃれに見えるのでしょうか。その秘密は、もちろん店内の雰囲気の良さにもありますが、ケーキの高さ、ジャムの添え方、食器の統一感、そして余計な装飾をしないシンプルさにあるのではないかと思います。

まずこのレアチーズケーキですが、結構高さがあります。これまで色々な店の四角いレアチーズケーキを食べましたが、ここまで高さがあるものは見たことがありません。

またジャムのかけ方がおしゃれです。表面に小さい点をつくり、そこから垂れて、下に溜まっているかのようにかけているのです。

祇園・四条「フランソア喫茶室」のレアチーズケーキ (2)

偶然こうなっているわけではありません。

Instagramやグルメサイトなどの投稿写真を見るとわかりますが、いつ注文しても、このようなジャムのトッピングの仕方をしているのです。このジャムのトッピングの仕方によって、シンプルなレアチーズケーキがとてもおしゃれに見えているのではないかと思います。

その他、昭和、あるいは大正ロマンを思わせる皿とシルバーも、確実に、おしゃれさアップに寄与しているでしょう。

祇園・四条「フランソア喫茶室」のレアチーズケーキ (6)
祇園・四条「フランソア喫茶室」のレアチーズケーキ (4)

このレアチーズケーキ、もちろん美味しいです。適度にねっとりした食感で、甘いだけではなく、適度に酸味があります。

それもけっこう独特な酸味で、最近見られる食べやすいレアチーズケーキにはない独特な味です。同じく昔からレアチーズケーキを販売しているしろたえのレアチーズケーキに近いものがあります。

ちなみにフランソアは喫茶店の隣に洋菓子店があります。訪問した時は休みだったのですが、洋菓子を単体で売るほど人気ということです。それだけレベルが高い洋菓子であるといえます。

祇園・四条「フランソア喫茶室」 (1)
スポンサーリンク

ベイクドチーズケーキ

今回はベイクドチーズケーキもいただきました。

祇園・四条「フランソア喫茶室」のベイクドチーズケーキ (3)

ケーキメニューは日によって違うようです。前述のレアチーズケーキは定番であるようですが、こちらのベイクドチーズケーキはいつもあるとは限りません。

さてこちらのベイクドチーズケーキも、先のレアチーズケーキと同じく非常にシンプルです。土台はなく、またジャムやクリームなどのトッピングもありません。

一方で、その色の綺麗さに見とれてしまいます。

焦げ目はなく、均一なクリームを色をしています。普通にベイクドチーズケーキを作ってもこのような色にはなりません。もっと濃い茶色になります。

このような淡いクリーム色にするには湯を張り、低温でじっくり焼く必要があります。あるいは完全に蒸し焼きにしているか。いずれにしても、温度調整に工夫が必要です。シンプルに見えるチーズケーキですが、意外にもこだわりがあるのです。

その食感はしっとりともふんわりともいえる、絶妙で心地がよいものです。

味は優しめです。ここ最近はバスクチーズケーキやチーズテリーヌなど濃厚なチーズケーキが支配的ですが、そんな濃厚ガッツリ系とは対局にある優しくて、柔らかい味です。

スポンサーリンク

フランソア喫茶室のその他のメニュー

フランソア喫茶室の他のメニューを簡単に紹介します。

ケーキメニューは日によって違うそうです。訪問時はアップパイ、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、レモンタルト、洋梨のタルトの5種類でした。

祇園・四条「フランソア喫茶室」 (5)

また軽食メニューもあり、今回はトーストとサラダのセットをいただきました。写真はピザトーストです。

祇園・四条「フランソア喫茶室」 (5)
ピザトースト
祇園・四条「フランソア喫茶室」 (5)
セットのサラダ。サラダに苺がついている

メニューは公式サイトでも紹介されています。

メニュー一覧(公式サイト)

スポンサーリンク

店舗詳細(公式サイトやマップなど)

祇園・四条「フランソア喫茶室」 (3)

その他、当ブログの関連記事

タイトルとURLをコピーしました