チーズケーキ通信

チーズケーキ、チーズスイーツをほぼ毎日紹介

【ビアードパパ】期間限定「焼きチーズケーキシュー」を実食|中身がとろとろで土台がサクサクの絶品スイーツ

※ 当ブログのリンクの一部には広告が含まれます

パイシューの専門店であるビアード・パパにて7月1日より販売されている「焼きチーズケーキシュー」を食べました。

ビアードパパは全国におよそ250店を出店するパイシューの専門店です。看板商品のパイシューの他にも、季節限定のフレーバーを使ったパイシューなどを販売しています。

ビアードパパ
パイシュー

今回紹介する「焼きチーズケーキシュー」も季節限定商品で、8月31日までとなっています。

実際の商品がこちらです。

ビアードパパ・焼きチーズケーキシュー (1)

ビアードパパ・焼きチーズケーキシュー (6)

側面にシュー生地、中央にチーズケーキといった作りです。

シュー生地とチーズケーキの組み合わせは過去にコンビニでも

シュー生地とチーズケーキの組み合わせは以前コンビニでも販売されたことがあります。シュー生地でチーズケーキをサンドした商品や、今回のビアードパパの商品と同じような構造のものがありました。

ローソン・山崎製パン チー2シュー
過去にローソンで販売された「チー2シュー」。シュー生地を側面に、中央にチーズケーキを入れている。

ローソンストア100 チーズケーキ入れちゃったシュー
ローソンストア100で過去に販売された商品。シュー生地でチーズケーキをサンドしている。

焼きチーズケーキシューはバスクチーズケーキのように中身がトロトロで濃厚

過去にコンビニで販売されたこのタイプの商品は、どれもねっとり系のチーズケーキを使っていました。しかし今回ビアードパパで販売されたこちらは、チーズケーキがとろとろです。

ビアードパパ・焼きチーズケーキシュー

ビアードパパ・焼きチーズケーキシュー

ビアードパパ・焼きチーズケーキシュー (2)

たとえるならバスクチーズケーキの中央部分のような、しっとりとろけるような質感なのです。ゆえに一見普通のシュークリームにもみえますが、カスタードクリームとはやはり違います。シュークリームのクリームにチーズを使ったスイーツもよく見かけますが、そういったものともちょっと違います。カスタードクリームとチーズケーキの中間くらいの質感といった感じでしょうか。

もちろん味も絶品です。やはりチーズケーキというだけあり、クリームチーズに特有の塩味、コク、酸味があります。濃厚さも抜群で、咀嚼と同時にブワッと口のなかで広がり、幸福に包まれます。

パイ生地のようにサクサクした土台

また驚いたことに底の部分にも工夫があります。

ビアードパパ・焼きチーズケーキシュー (3)

写真だと分かりにくいですが、サクサクというか、パリパリというかそんな質感です。クイニーアマンの表面のような質感といったらいいでしょうか。あるいはパイシューの底の質感でしょうか。とにかく私がこれまでに食べたことがないタイプのチーズケーキシューなのです。

そのサクサク、あるいはカリカリといった食感と香ばしい味がたまらなく美味しいです。

値段、カロリーなど

値段320円(税込み)
カロリー307kcal
購入日2023年7月
購入方法ビアードパパの店頭で購入可能
公式サイトなどビアードパパの公式サイト
公式Instagram

今回紹介したのはシュー生地とチーズケーキとの融合でした。他にもチーズケーキはバウムクーヘンと融合したり、クレープと融合したりすることがあります。本ブログでは様々なチーズケーキを紹介しているので、ぜひご覧いただければと思います。

バウムクーヘンとチーズケーキの融合スイーツはこちら。

チーズケーキとクレープの融合スイーツはこちら。

パンケーキにチーズケーキをトッピングしたスイーツはこちら。